■「星の里」日記(きらら庵編) 【34】 02/11月編   


目次>【1】【2】【3】【4】【5・番外】【6】【7】【8】【9】【10・番外】
     【11】【12・番外】【13・番外】【14】【16】【17】【18】【19】【20】
    【21】【21】【22】【23】 【24】 【25】 【26】【27】【28】【29】 【30・番外】 【31】 【32・番外】 【33】 【34】 【35】

「第3回 上尾市自然学習館 星のつどい」の”きらら庵”レポートは下までスクロールして下さい!


■02/11/02    「寒熱の地獄に通う茶柄尺も、心なければ苦しみもなし」

これ、どういう意味なんでしょう? 

茶の湯で使う柄尺は、煮えたお釜の湯を汲み、そしてすぐに冷たい水をも汲みます。考えてみれば酷な使い方をしているんですね。上の句はそれで意味が通じます。では下の句は? 私が思いつくのは・・

苦しみも喜びも、心があるから感じるのであって、様々な思いを感じる心を失ってはいけない。
苦しみとはいえ、それも心があるからこそ。起こる全てを慈しみ、そのまま受け止めて味わうことが大切。
目指すは心頭滅却。どんなことでもあるがまま、自然体で受け止めることができれば、苦しみなどなくなるはず。

”一休さん”でお馴染みの一休和尚が読んだ句と言われているようですが、どう解釈したらいいのだろう?なんてことを、今、考えています。

■02/11/03−04   ガンバレU田パパ

来週9日(土)に迫った「上尾自然学習館 星のつどい」でのお茶会準備のため、久ーしぶりに星の里へ。昼間は草刈りと炉用の炭洗い、炉の中に入れっぱなしにしてしまった灰を天日干し・・・。祭り祭りに追われている夏の間、茶人ならやっておかねばならない炭や灰のお世話を、炉開きの季節に突入してしまってから始める不甲斐なさ。

あっと言う間に秋の日はつるべ落とし。夕食をとり、上尾星のつどい用に持ってい「お軸(彩鳳舞天霄)」「香合(駒)」「茶杓(吉祥)」「蛤板」「古帛紗(星柄)」などをパッキングしているところへ”トントン”とドアをノックする音。あーらダンナはもう帰るつもりかしらんとドアを開けると「こんばんは・・」。何とお久しぶりの、上天(上尾天文同好会)のU田パパではありませんか。まあまあ、どうぞお上がりを・・というのに、「いや、まだ機材出しっぱなしだし・・」と空を見上げて落ち着かない様子。

「最近、やっと機材が揃ったんです。天体写真を初めたばかりで・・。今日もすばるを狙ってるんですけど・・だんだん雲が広がって来ちゃって・・」と、すごく残念そう。昼間は秋のピーカン、とってもいい青空だったのに、薄明が終わって気温の低下と比例するかのように雲が増えてきたのよね。私も昼間は望遠鏡たちを天日干ししたけれど、薄明の最中、雲が湧いてきた段階でとっととルーフは閉めちゃったんだもの。

この空では写真は無理だから、まあまあお茶でも一服・・という私を振り切るかのように、「いえ、もう少し待機してみます。天気次第の趣味ですから」U田パパ
「晴れそうなら毎週でも撮影に走りたい」と、目を輝かせて愛機の元へ帰って行きました。

な〜んか、いいなー。誰でもそうやってハマる時期ってあるよね。とにかく見たくて撮りたくて、晴れ間を探して西に東に南へ北へ。1晩中、走っただけで終わっちゃったり、それでも次の週末には富士山目指していたり・・。今週の写真の整理がつかないまま、またフィルム何本も消費して来たり。週末毎に天気が悪くて、それなら平日ってんで仕事帰りに走り、1晩徹夜で撮影してそのまま会社に行ったり。昔、そんな時代が私にもあったよなーって・・・おっとババくさい言い方だわね、マズイ・・・とにかくU田パパの輝く目を、ちょっぴりうらやましく感じてしまったのでした。

■02/11/09  星祭りで観望会!  祭りの様子はドンのサイトへどうぞ

「第3回上尾星のつどい」に参加。"きらら庵”チームとしての出し物は野点のみ。と言っても外は木枯しでちょっと寒かったので、和室にてゆったりお茶会という事にしました。
今回の失敗。デジカメを忘れちゃったんです。だから画像は無し。せめてお菓子の写真だけでも掲載しましょう。今回ご用意したのは浦和原山の「宮うさぎ」と川越の亀屋「亀の最中」の2種類です。「宮うさぎ」は、浦和市内の「調神社」(つきじんじゃ)にある"こまいぬ”ならぬ"こまうさぎ”に因んでいます。普通、神社の入り口で番をしているのは"こまいぬ”ですが、この神社はウサギさんが左右向かい合わせに据えられていて、ちょっとした名物になっています。そして「つきじんじゃ」の"つき”は、"運がつきますように”と語呂がいいため、一般的には「つきの宮神社」と呼ばれて初詣などは人気の的です。その"つきの宮神社”の"こまうさぎ”にあやかってできたのが「宮うさぎ」というお饅頭なんです。お目出度いでしょ。
「兎」とくれば「亀」ですね。ということで、大好きな川越の「亀の最中」も用意しました。ちょっとした、私のこだわりです。   

左上: 亀
   vs
右下: 兎

わかるかなー?

今日はとっても天気がいい。夜の観望会が期待できそうです。恒例の抽選会が終わって各ブースも片づけに入った5時過ぎ、"きらら庵”チームも和室を片づけました。とっとと着替えて防寒武装し、口径40僂離セグレン式反射望遠鏡が鎮座まします天文台へ急ぎます。昼間から残っていたお客さんや、観望会目当てに来たお客さん達が、ドームとルーフを行きつ戻りつしていました。
天文台は初めてのスタッフ3人を案内して、まずは主砲40僂悄M57が導入されていました。
由美「ワガママ言っていいですかー? M57がセンターから外れてるんで真ん中に持ってきたいんですけど・・」
なるみ「どっ・・どれですかー? あ!ああ・・このぼーっとしたの?」
みゆき「うーーん、40僂覆蕾燭箸わかるけど、こっちのサブスコープではちょっと・・」
「・・・わからん・・・」
4人それぞれ楽しみました。

階段を下りて突き当たりにあるルーフ棟では、4台の望遠鏡があっちこっちを向いています。まずは12.8儷折望遠鏡(フローライト)で西に沈む直前の月を。
由美「あのね、棗(なつめ)のお茶を何尺もすくった跡って、まさにこういう形になるのが理想なの」
なるみ「ひゃあっ・・」

次は二重星アルビレオ。観望会の基本ですね。そしてバリアフリー(車椅子でもそのまま覗ける)に据えられているクーデ式15冕庄鷆世砲錬唯械院市街地なので銀河の中心部分しか見えません。空のいい所では望遠鏡の視野からはみ出てしまい、双眼鏡の対象というイメージですが、ここ上尾の空では、望遠鏡の視野の中、程良い姿で浮かんでいました。

最後はh-χ。これが一番きれいだったかな。ともかく久しぶりの観望会。星の話に目を輝かせてくれるお客さんを相手に、久しぶりの天文よもやま話に興じた夜でした。   

参加スタッフ : なるみ、みゆき、元、由美  
                                                                                              (かぐや姫 yumi)


トップに戻る     【35】へ