■「星の里」日記(きらら庵編) 【6】 00/11/19・11/26      


目次> 【1】【2】【3】【4】【5・番外】【6】【7】【8】【9】【10・番外】
     【11】【12・番外】【13・番外】【14】【16】【17】【18】【19】【20】
    【21】【22】【23】【24】【25】【26】
【27】


■00/11/19(日)晴     スタッフで炉開き

きらら庵研修。参加者: ノブ、タカキ、みゆき、ゲンチャン、みい、キヨキヨ

やっと炉開き。夏から週末の天気が悪く、あまり灰を干せなかったのが不安。
炉壇の底に奉書紙を敷き、みんなに灰を入れてもらう。去年も同じ作業をしたので、少しは覚えているかな。ワイワイ騒ぎながら五徳の高さを調整している。埋香して下火を入れて釜をかけて、さあ始まり。


初炭手前とまではいかないが、ノブが炭をつぐ。お箸の持ち方がちゃんとできれば、火箸は扱えるはず。湿し灰をたっぷり蒔いて、炭と炭の間を空けて空気の流れを作ってあげる。今年は日本で観測条件が悪かったけれど、17日から今日にかけて極大を迎えたしし座流星群にちなみ、香合はやはり「星空」を使う。天の川に流れ星一筋の絵柄は、天文屋にとって“お時候がら結構な”取り合わせ。


釜をかけて湯が煮えるまでの間に食事。みゆきちゃん持参のシャンパンで乾杯。今年も無事に炉を開くことができたことに感謝。食事の間もノブは炉の中が気になる様子。自分で炭を入れると気が気じゃないもの。ちょっとだけ“亭主”の気分を味わえたかな。

食後に主菓子。今日は干し柿と餡を求肥でくるんだ菓子。濃茶は「辻利」の“京昔”。今日は風邪で欠席の、ナルミちゃん手捻りの黒茶碗で6人分を練り上げた。みいちゃん&キヨキヨ夫妻が濃茶初体験なので、少し薄めにしたけれど、目を白黒させていた。


お干菓子は薄皮まんじゅう。薄茶はみんなで代わる代わる点ててもらう。初めて茶筅を振るキヨキヨの一挙一動にみんなが注目。帛紗さばきやお点前の手順などはチョット置いておいて、美味しいお茶を点てることに集中してくれればいい。みんなで点て合う楽しい薄茶で、今シーズンの炉開き無事終了。
初冬の「星の里」は、午後から急に冷え込んだ。みいちゃんが咳をしていたが大丈夫かな。




■00/11/26(日)晴   第一回星のつどい 上尾自然学習館

ダンナが天文のお手伝いをしている上尾市自然学習館で、開館1周年記念イベント“星のつどい”が開催されたので“ちょいと”冷やかしに行く。出し物は、多目的室での天文クイズや簡易分光器作り、展示ロビーでの天体写真展やいにしえの望遠鏡などの展示、天体観測棟での太陽観察会などで、10人の相談員、協力員さんが手分けして運営にあたる。ダンナの担当が太陽観察会だったので、“おとなしく”ついていく。


スライディングルーフ内のタハカシFS-128を3台稼動させ、1台は太陽全体像を投影して黒点観察、1台はデイスターフィルターを使ってプロミネンスの観察、そしてもう1台では金星を観察することになった。ダンナはこの“金星”担当になり、目盛環で半月状の金星を導入。私は“おとなしく”アイピース交換など手伝う。


お客さんに一番受けたのはプロミネンス。今日は四方八方に大きなプロミネンスが出現している。特に南南西方向に出たものは、その複雑な構造やら吹き出した形に見応えあり。アイピースを覗いている間にも形が変化するというのだが、にわかには信じがたい。お客さんが途切れる瞬間を狙って何度か覗かせてもらうと、確かに形が変わっているように見える。プロミネンスって、こんなに早く動くものだっけ? 


だとすれば、とてつもない活動が太陽で起こっているってことだ。黒点も大きなものが3ヶ所に出ているし、もし今、地球の裏側の極地方で晴れていたら、もの凄いオーロラが見えるんじゃなかろうか・・・と思うと、今すぐにでもアラスカに飛んで行きたい気分。ああこの気持ちを黙っちゃいられないなーと、お客さん相手にしゃべり始めたら止まらなくなり、気がついたら“金星”望遠鏡の脚立押さえ係。


午後4時には自然学習館の屋根に太陽が沈み、夜の観望会まで一時休止。その頃、学習館の多目的室では国立天文台の渡辺潤一先生の講演会が開かれていた。


午後7時から夜の観望会開始。今度はドーム内の主砲40僖セグレン、スライディングルーフ内の15儷折クーデ、そして昼間も大活躍した3台の12.8cm屈折と、天体観測棟内の望遠鏡をフル活動させた。


星祭りではいつも楽しませてくれる「オカリナJOY」の野口夫妻と音楽仲間が、飛び入りでミニミニコンサートを開いてくれた。スライディングルーフ内で聞く「星に願いを」や「キラキラ星」は格別。昔、天文サークル“友の会”で毎月のように行っていた富士山5合目で、星を見ながらフルートやトランペットを吹いたメンバーがいたなあなどと、感傷にひたっていると、昼間の太陽観察会に来ていたお客さんが話しかけて来る。今度は木星と土星を見に来たそうだ。上尾市民って、本当に天文に熱心なんだなーと感心しながら、つらつらと星の話などする。


ここのところ、トンとご無沙汰していた観望会。“おとなしく”しているつもりが、そうも行かず、大半が消失している天文知識を記憶の底から引っぱり出すうち、小さな望遠鏡を抱えて晴れ間を探し回った昔を懐かしく思い出した1日だった。

   (yumi)


【5】へ    【7】へ