■「星の里」日記(きらら庵編) 【9】 01/4/29-04/5/2   


目次> 【1】【2】【3】【4】【5・番外】【6】【7】【8】【9】【10・番外】
     【11】【12・番外】【13・番外】【14】【16】【17】【18】【19】【20】
    【21】【22】【23】【24】【25】【26】
【27】

★ 「明日があるさ」ダンス虎の巻 発表!


■01/4/29(日)
今年お初の“きらら庵”研修。参加者は、みゆきチャン、ゲンチャン、みいチャン。
研修とはいうものの、とにかく星祭りの準備が最優先。みいチャンの新作、手作りカステラを全員で味見。スタッフの評判はいいが、本人は出来上がりにムラがある事が大いに不満らしい。みんなの感想を参考に、本番までにレベルアップするんだと、気合いが入っていた。

去年の反省を踏まえ、いつ、どんな状況でもお茶が出せるように、スタッフ全員が茶筅を振る練習をする。「抹茶がダマになってる」「よーっし、もう一服」と稽古を重ね、ふんわりと美味しいお茶が点てられるようになった。これで私がブースから離れている時でも安心。


■01/5/2(水)
ダンナも私も会社を休んで星祭りの最終準備。
忙しい時に用事は重なるもので、自宅にNTTのフレッツ・ADSLを導入するのが今日になってしまった。ダンナが接続に悪戦苦闘している間に、私は“きらら庵”特製おでんを完成させた。

お次はダンス・ショーの準備。去年はリーダーが“モーニング娘。”の「ラブ・レボリューション」に振り付けをつけ、ノブ、みゆきチャン、ゲンチャンと一緒に踊って拍手を浴びたのだ。1度成功すると、すぐその気になるのが“きらら庵”。“まつり”には“踊り”が付き物でしょ。今年もオリジナルのダンス・ショーをご披露したい。ただ、頼りのリーダーが実家の都合で参加できないため、私が振り付けを考えるハメになった。えぇい、これでも元バトン部の意地だ、何とかしようじゃないのっ!と、レンタルCD屋さんにに走って借りて来たのが「明日があるさ」。やっぱり、今一番旬の曲を選ぶのが通ってもんだわよ。

ダンナがカセットテープ1本にエンドレスで録音したウルフルズの「明日があるさ」を、何度も何度もかけ直し、姿見の前で振り付け作業を続けた。スタッフが、その場で練習して直ぐにマスターできる簡単な振り付けで、しかも見栄えのするのがいい。試行錯誤を繰り返し、3時間もすると、腿がだるーい。久々にいい汗かいて気分はハイだけど、星祭り本番で筋肉痛かなあ・・・。

どうにか出来上がった振り付けを、忘れないうちにメモしておく。自分で作った振りでも、1晩経つと、ポーンと抜けてしまうことがあるのだ。

■■■<明日があるさ>ダンス 虎の巻!■■■               (振り付け:由美)

 前奏・・・その場で腕を振ってリズムを取る

 いつーもの駅でいつも会う                                     セーラー服のお下げ髪 
・・右へ横2歩(右手を丸く2回廻しながら)・・左へ横2歩 (左手を丸く2回廻しながら)      ・・2回繰り返し

 もう来る頃 もう来る頃   
・・両手グーで合わせて胸の高さで振りながら、その場で膝曲げてリズム取る

 今日も待ちぼうけー 
・・その場でリズム取りながら、腕を頭の高さで交差させバッテンを作り、下に降ろす (4回繰り返し)

 あしーたがある  あしーたがある 
・・肩の高さで右腕前(左腕横)、同時に左足前で競好謄奪廖覆修両譟法Α左右を反対にして競好謄奪廖覆修両譟法  複臆鷏り返し)

 あしーたがあーるーさー 
・・両腕を上へ2回、下へ2回 を4回繰り返し(同時に競好謄奪廚任修両譯渦鹽勝

 短い間奏・・・その場で腕を振りリズムを取る

< 以上を2回繰り返し >

 あしーたがあーるーさー ♪ (短い間奏の前)まで、もう1回繰り返し(つまり3回やる)

 長い間奏・・・両手を腰に、左右に跳ねながら全員集まってくる
            右手を斜め下に集め、そこを中心に回る。回りながら右手を上にあげる (2回繰り返し)
            皆バラけて、肩の高さで右腕前(左腕横)競好謄奪廣左右逆を繰り返しながら位置交換し横に並ぶ。
 
★ ここまでを2回繰り返し ★
  
(注)その場でリズム取った直後   おもーい切ってダイヤルを ふるーえる指で 回したよ   
   は、曲がスローになるので、歌詞をかみしめながら表現力豊かに踊ること

・ラストは駆け足で激しく位置を変え、「頑張ってる」風に。
・フィニッシュは思い思いの格好で、右手人差し指を空に向けて止まる。

後は拍手喝采・・の・・予定・・・。

 (yumi)


【8】へ    【10・番外】へ