パソコントラブル・徒然日記【12】01/03/29-05/12         

目次>【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】 【11】【12】【13】【14】【15】


■01/03/29-05/12
<我が家もついに常時接続! フレッツADSL導入プロセス>


まで
ダイヤルアップの33.6kbpsで頑張ってきましたが、最近の急速なインターネットの普及のせいか、テレホタイム(テレホーダイの時間帯のことですね)ではなかなか繋がらずイライラがつのっていました。ストレスがたまってきたところで我が家の“財務省”に相談した結果、何とかOKが出て常時接続に踏み切った次第です。
3月29日 フレッツADSLのサービス地域内にあることを確認し、従来の電話回線にフレッツ・ADSLを導入するタイプ1で
NTT東日本にインターネットで申し込む。→この時点ではサービスが受けられるかどうかの判別ができず、少なからず不安を持っていた。近隣にISDNが入っているとノイズが入ってダメとか・・・・。
イーアクセスなどNTT以外の業者の方が費用安いが、当該地域のサービス開始が6月以降なのでアッサリ諦めた。
4月23日 NTT東日本から連絡あり→LANボードの有無確認(ああ、これでサービスが受けられる、と確認したのです)。
5月2日午後回線切り替え工事(NTT局内)の連絡の要・不要を問われた。→連絡不要と回答。
フレッツADSL契約と同時にテレホーダイ、タイムプラスの解約。電話番号の変更無しを確認した。
4月26日 モデム他ツールが宅配便で届く。「DSL型NCユーザユニット1」というパッケージの中に同梱されていたのは、
1、ADSLモデム-N極楝痢陛展札▲瀬廛拭爾法NEC”と明記してある)
2、ADSLモデム-N脅莪契睫製
3、ADSLモデム-N曲歉攴
4、DSL NB SPLR-E本体
5、DSL NB SPLR-E<ADSL用スプリッタ>取扱説明書
6、DSL NB SPLR-E保証書
7、ケーブルバンド
8、NTT東日本 通信機器アンケート・カード(ハガキ)
4月27日 @niftyに料金コースの変更(無制限コースなら変更なし)と
ADSLの登録料(ブロードバンドオプション)\200-/月、を申し込む。
この手続きをしないと、ADSLが開通しないらしい。
このあたりまで@niftyのADSL専用のアクセスポイント(電話番号)が必要だと思っていたので、探していましたが見つからず、結局、常時接続のフォーラムを覗いたら、そんなものは必要なにことが判りました。
5月1日 4月30日(我が家は末締め)でタイムプラス、テレホーダイが解約されているので、今日のインターネットの使用は極力避ける。
予定が大幅に狂った
5月2日
明日からの「星まつり」の準備のため、休暇をもらいました。

午前11時、NTTから局内回線切り替え工事の連絡が入る。
30分ほど電話が使えなくなるが、その後ADSLが開通するとのこと。

こちらもその間にスプリッタ、モデム、ケーブルの引き回し、スイッチングハブとの接続などを終わらせ、“フレッツ接続ツールCD-ROM”をインストールした。

午後12時過ぎ、マニュアルにしたがったにも係わらず、1kmちょっと離れたNTT常盤局に接続できない。周辺機器の接続を見直したが間違いはない。やはりダメだ。

ついに、NTTに電話して聞いてみたところ、「電話は低周波ですが、ADSLは高周波なので、それに干渉する何かが介在していないでしょうか」ということでした。正式な問い合わせ窓口ではなかったけれど、親切に教えてくれました。

ウ〜ン、そんな物なんか・・・・壁のモジュラージャック(MJ)からは電話とパソコンだけですが・・・・、あったのです、壁MJの化粧板の端から伸びた1本のケーブル、そう我が家にはセコム(セキュリティサービス)が入っていたのです。

で、早速セコムに連絡してみると、その可能性はあります、という返事で1時間ほどで来てくれることになりました。

15:00 セコムの技術マンがMJより壁の中の回線を引っぱり出し、スプリッタと電話回線のMJの間に同じようなスプリッタを入れてくれたものの、結局エラーは出たままでした。

16:00 ADSL問い合わせ窓口にやっと繋がり、技術担当者とやりとりを始めた。

NTT側で調べるとNTTとモデム間では信号が流れているという。ということは、モデムとパソコンで不通になっている。こちらの接続ミスだったら恥ずかしいなぁ、と思いつつ指示に従う。

テストアイコンのプロパティでパスワードを再入力、TCPや設定での再確認をするが問題はない。

詳細設定のプロトコルドライバをフィルタドライバに変更しても同じ。

次にMS-DOSプロンプトから、winipcfgと入力。IPアドレスのコンフィグシス(カタカナで書くと何だかヘン)らしい。

これを「すべて解放」を選びエンターにして再起動。
すると、メッセージにパラメータが表示され、ここでやっと繋がったのでした!!

早速、自動的にNTTの回線速度を測るページに飛び、画像のダウンロード時間を調べることができました。時間帯を変えて今までに10回ほどトライしてみましたが、最も速かったのが夜中の3時頃で、5.59秒、1137k bit/sec、昼間の平均は450〜500k bit/secでしょうか? うたい文句の最高1500k bit/secには遠く及びませんが、回線速度をスピードアップするためのサイトもあるようですから、これから色々と試してみます。また、CPUの速さに依存するような話も聞きましたが、真偽のほどはどうでしょうか? 
5月12日 実際には開通してから1週間ほどしか使っていませんが、フレッツ・ADSLを導入してみた感想を簡単に。
1、流石に33.6kbpsに比べて(比べるな!)、メチャ速い(^^;)
2、加入電話が同時に使える。ケータイじゃあ、通話料が高いしね。
3、テレホタイムまで待たなくていいこと。時間を気にせずにじっくりとネットサーフィンを楽しむことができる。

導入前後の比較(我が家の場合)  ダイヤルアップ 33.6kbps フレッツADSL(タイプ1)
価格比較
(NTT東日本)

2001年5月12日現在
回線使用料(基本料・住宅用):1750円/月
タイムプラス定額料:200円/月
テレホーダイ定額通話料:1800円/月

回線使用料(基本料・住宅用):1750円/月
ADSL基本料:4050円/月
ADSLモデムレンタル料:490円/月
ADSL契約料:800円(初回のみ)
ADSL工事料:2800円(初回のみ)
価格比較(@nifty)
2001年5月12日現在
無制限コース:2000円/月 無制限コース:2000円/月
ブロードバンドオプション料:200円/月

NTTのsiteからNTT基地局〜自宅間の距離を測ってみたところ、1380m、伝送ロス20dbと出ました。(2002/09/30)

(yasuyuki)


■戻る     ▲次へ