パソコントラブル・徒然日記【1】      

目次>【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【11】【12】【13】【14】【15】


・・偉そうな前書き・・

私が遭遇したパソコンにまつわるトラブルや体験を書き連ねてみることにしました。運良くトラブルから復旧した時もあれば、泣く泣くOSを再セットアップしたこともありました。この文章の間違いや勘違いのご指摘、また正しい対処方法などご存知の方がいらっしゃれば教えて頂きたいと思います。
「そーじゃねえだろ、ったく、ちゃんと教えてやるよ」という方、大歓迎です。

トラブルが起きた時、「何もやっていないのにエラーが出た」という方が時々いますが、パソコンに触れてもいないのにエラーが起こるわけないですよね。
何気なくやっている操作でトラブルを引き起こすこともありますから、事前にどんな操作をやったか出来るだけ思い出してみましょう。
また、どんなエラーが出たか面倒くさがらず書き留めましょう。「どういうエラーだったか忘れた・・・」だと、教える方も全くわかりません。パソコンの近くにメモを用意しておくといいですね。


記録を残す手段の1つとして、モニターの画面を写真に撮っておいたこともあります(^^;)が、現像が上がってきた頃には、復旧してたりして。
デジカメなら画像をファイル添付することも出来ますし、すぐに見てもらうこともできますね。便利になったもんだ。


私の周辺だけかもしれませんが、パソコンに精通している人は何故か忙しい人が多いようです。同じことをしつこく何度も聞くと嫌われるかもしれませんので、1度聞いたことはしっかり、メモっておきましょう。
解決策はパソコン通信、インターネットなどのBBS(掲示板)でも見つかることがあります。検索エンジンは“超ド級の百科事典”ですのでおおいに利用しましょう。近くに頼れる人がいない時など非常に重宝します。


それから、読み物としても涙が出るほど笑える「絶対サポセン黙示録」(パソコンサポートセンターのウラ話が見られる)に、ユーザー側にも役にたつ話が盛り込まれていますのでトラブル解決の参考になります。

では、能書きはこの辺でやめて、役に立つかどうかは別として、私のトラブル話をご紹介しましょう。

■ここに出てくるパソコンの名称とその構成(03/15/2000 現在)

V200 V13 “Zoffy”
NEC PC-9821 V200/M7D2 
非AT互換機
NEC PC-9821 V13/S5C2 
非AT互換機
自作DOS/V
AT互換機
CPU・・・MMXPentium200MHzから
K6-2/400MHz(アイオーデータ)へ換装
CPU・・・Pentium133MHz CPU・・・MMXPentium200MHz
M/B・・・SOYO/5EAS
MEMORY・・・96MB(DIMM32MB+SIMM64MB)
HDD・・・Aドライブ(WesternDigital 3.2GB)
OS:Windows98 update版
HDD・・・Bドライブ(WesternDigital 6.4GB)
データ・アプリケーションソフト用
SCSI・・・SC-UPCI(アイオーデータ)→
MO+CD-R+フラットベットスキャナ
LAN・・・MELCO LGY-PCI-TR(10base-T)
MEMORY・・・48MB(SIMM16+32MB)
HDD・・・Aドライブ(Seagate1.6GB)
OS:Windows95b プリインストール版
HDD・・・Bドライブ(Conner 0.47GB)
データ・アプリケーションソフト用
UitraATA33・・・UIDE-98(アイオーデータ)
MEMORY・・・48MB(SIMM16+32MB)
HDD・・・Cドライブ(Western Digital 1.2GB
OS:Windows98 OEM 版
HDD・・・Dドライブ(IBM 3.2GB)
データ・アプリケーションソフト用
VIDEO・・・Graphics Braster RIVA TNT 16MB
SOUND・・・Sound Braster 16 /ISA
LAN・・・corega Ether ISA-T(10base-T)
  
▲次へ