パソコントラブル・徒然日記【11】01/01/29-01/02/18         

目次>【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【11】【12】【13】【14】【15】


■01/01/29
<K624トラブル>
このところ、K624が1回で起動しないことが多くなってきた。デスクトップ画面で、ネットワークパスワードの入力をクリヤーした後フリーズしてしまったり、そのまま右のエラーが出たりする。このエラーの後、enterで解決したりする・・・。


コンピュータに詳しい人に聞いたところ、Listen failed というのはWindows アプリケーション間でSocket通信をした時に、応答がない場合に出るアラートのようです。
なので、ウィルスバスター2001の中のJavaScanというプログラムがHDDの中のJavaプログラムに対してウィルスチェックをした際にアプリケーション間で通信エラーが起きているのではないかということです。
ム、ム、難しい・・・・。


■01/02/14
<Zoffyのチップセットのドライバをアップデート>
久しぶりにマザーボード(SOYO)のサイトを覗いてみたら、BIOSとETEQチップセットのドライバがアップデートされていたので、ちょっと嬉しくなって早速ダウンロード。BIOSアップデートは後のお楽しみに取っておいて、ドライバのみ解凍、インストールして再起動したら、オオッとsafeモードになってしまった。
以前からビデオボードとの相性があまりよろしくないようで、ドライバを更新したりしてごまかしながら使っていたけれど、今回どうもうまくいかない。


それにデバイスマネージャのディスプレイアダプタを使用不可にするつもりが、うっかり“削除”してしまった。しまった!(洒落ている場合ではないのだ) 
HDD内にあらかじめコピーしてあるOSを、上書きインストールしてみたがディスプレイアダプタは現れない。同じくビデオドライバも再インストールしてみたがダメ。いっそのことビデオボードを一旦抜き、再度差しなおしてハードウェアウィザードが起動するのを期待しようかと思ったけれど、safeモードでは開けない。

結局南極放送局、、2ヶ月ほど前のsystem.dat、User.datを書き戻してなんとか復旧に成功。一部OSのファイルを要求されたけど。


■01/02/18
<パソコン入荷>
といっても古いPC-9821 Cx13(キャンビー)本体とイイヤマのA705Mという0.25ピッチの平面モニターだ。80歳の父親が買い換えるというので、譲り受けた。
Cx13は、CPUにPetium133MHz、メモリは増設して80MB、セカンンドキャッシュも256KB入れてある。OSもWindows95からWindows98にアップグレードした。
パソコンでTVを見ることと趣味の将棋と囲碁、たま〜にインターネットで調べ物するくらいしか使っていなかったようだが、将棋、囲碁の待ち時間の処理が遅く、イライラしていたらしい。

また、最近スキャナも使いたくなったようだが、キャンビーには最初からPCIバスを用意していない。使うとしたらCバスのSCSIだ。最近の低価格帯のスキャナはUSB対応製品が多く、それも1996年2月発売のキャンビーには無かった。

彼の希望でおNewのパソコンは、TVが見られアプリケーションソフトも目一杯詰め込んだ NEC Valuestar VT866J/67D(Pentium 866MHz、メモリ128MB、OSはWindowsMe)となった。K6-2/400MHzをメインで使っている息子からすれば、なんと羨ましいことか。

A705モニターは、前に使っていた同じイイヤマの中古17インチMF-4817jが壊れたのを機会にピッカピッカの新品で購入したもの。やはり専門メーカーのモニターはいい。AG0.25ピッチがこんなに綺麗だとは思わなかった。800x600程度の画面領域で使用する分にはあまり気にならないけれど、1024x768以上となると文字の細部がくっきりはっきりでとても快適です。今まで映ればいいと思っていましたが、色や操作性も含めてモニターの大切さが判った次第。

さてCx13をどうするか、観測所の壊れかかっているRX-21と交換しようか? でも80MBのメモリはもったいない。 本体をバラしてアルミのトランクかスーツケースに入れて移動用に使うのもいいけど、12〜13インチくらいの液晶モニターも見つけなければならない。PCIバスがないのでCバスのLANボードにすると実売 \7500-もしてしまう。
DOS/VのPCIバス用なら\1000-くらいなのに。秋葉原で中古のボードを探すとしますか。

(yasuyuki)


■戻る    ▲次へ