■「星の里」日記(きらら庵編) 【33】 02/10月後半編   


目次>【1】【2】【3】【4】【5・番外】【6】【7】【8】【9】【10・番外】
     【11】【12・番外】【13・番外】【14】【16】【17】【18】【19】【20】
    【21】【21】【22】【23】 【24】 【25】 【26】【27】【28】【29】 【30・番外】 【31】 【32・番外】【33】 【34】


■02/10/26-27    箱根で見つけたお気に入り

”観光旅行”って、ほとんどしないんです。週末に出かける事は多いけれど、目的は「星祭り」だったり「星見」だったり「スキー」だったり・・・ごく一般的な”観光”をするチャンスはなかなかないので憧れちゃうんです。ということで、とっても有名な観光地、しかも超有名温泉地の箱根に行ってきました。今年の年間計画に組み込んだ6つの星祭りのうち5つをどーにかこーにかこなし、残るは11/9の上尾の星祭りのみ。1足お先にホッとした〜い!なんてね。
26日、新宿駅9時ちょうど発のロマンスカーに乗り、美女9人の快適な旅の始まりでした。

朝から降っていた雨はいつの間にかやみ、小田原あたりでは雲の切れ間に薄日が射すようになりました。今回も”晴れ女”パワー全開みたい。
終点、箱根湯本駅で下車したのは10時半過ぎ、ちょっと早いお昼タイムです。駅前のお土産通りを右へ行くと、暫くして左に橋がかかっていて、そこを渡った左手にあるのが、古くからある蕎麦屋さん「はつ花」です。2Fのお座敷に座って、白く細い上品な蕎麦をとろろでペロリと食べました。

帰りのためにお土産など下見しながら駅に戻り、”スイッチバック”で有名な箱根登山電車で、終点、強羅を目指す。途中下車して立ち寄り湯で”ひとっ風呂浴びたい”というムネちゃんを、アサチャンと私でなだめすかし、そのまま強羅駅に到着。すぐににケーブルカーに乗り換えて早雲山へ。お次はロープウエイで大涌谷を経由して、最終目的地「桃源台」に到着です。ちょっと青空なども眺めながら、芦ノ湖を右手に10分ほど歩いて左折すると、今回のお宿「キャトルセゾン」がありました。

紫式部という名だそうで 美術館の庭

まだチェックインには早いので、フロントに荷物だけ預けてすぐにバスに乗り、観光! 憧れの観光に出発です。目指すは「箱根ガラスの森美術館」。
ずーっと以前に来た時は、展示品もさることながら、お土産ショップの充実ぶりにびっくりして、予定時間を大幅にオーバーしてしまった経験がありました。女9人、見たいところはそれぞれ。好きなところに好きなだけ時間をかけられるよう、集合時間と場所だけ決めて解散です。
私は前回に見た常設展示はさらーっと流し、特別展の「香水瓶」をじっくり、そしてお楽しみのショッピングタイムにはたっぷり1時間をとりました。
特別展では、かの「クレオパトラ」や「マリー・アントワネット」「エカテリーナ鏡ぁ廚琉ν僂靴森畤紊鮑童修靴織魁璽福爾覆匹發△辰董▲侫爛侫爛ンクンと面白可笑しく見て回りました。

ミュージアムショップでは、特別展にちなんだのか美術館特製のオードトワレが12種類並んでいて・・ついついテスターでシュシュッと・・・3種類くらいテストしたら、もう鼻が麻痺しています。それにもめげずに「すみれ」と「すずらん」。そしてトルコ日食の時に現地で安く買ってきた「バラ水」にそっくりの香りがする「ばら」をレジにキープしておいて、ガラス製の繊細なネックレスをあれこれ選ぶシ・ア・ワ・セ

洋風庭園をちょっと歩いて離れの水車小屋のようなショップはジャムや紅茶類の専門。名物の「メイプルバター」を始め、「メイプルシュガー」「4種類のフルーツジャム」もゲット。紙袋が大袋に代わりました。たっぷりショッピングタイムをとったつもりだったのに、やっぱり集合時間ギリギリに。あたふたと写真を撮って回り、みんなとお宿に戻りました。

今回の宿、キャトルセゾン。洋館風の建物で、和室もあるようですが、私達3人娘はふかふか絨毯の洋室です。部屋もまあまあゆったりで、満足。さっそく温泉に直行です。檜の湯船、檜+炭石鹸とシャンプー。体中からいい香りがたちます。
透明で温泉臭さのない湯質は、祭り疲れの私に合っていたのか、ほわほわと心地よい風呂上がりです。今年できたばかりの露天風呂は2つあって、時間によって貸し切りタイムもあり、ゆったり贅沢気分を味わいました。

キャトルセゾンの圧巻は食事。1Fのレストランではフランス料理の本格フルコースのサービスです。
何はともあれ、写真をどうぞ。

何とかのパイ包み 金目鯛の・・・ 口直しの氷菓
ヒレステーキににっこり デザートにしあわせ! 朝はこんな感じ

翌日は桃源台から海賊船に乗って芦ノ湖遊覧。これぞ正統派の観光!です。気持ちいい風を受けながら30分ほどで元箱根に到着。そこからバスに乗って箱根芦ノ湖美術館へ。初めて訪れた美術館です。

思った以上に充実した内容の絵画が展示されていて、じっくりゆっくり見て回る。
一目見て気に入ったのが「りゴロ」の「村落への道」。だ〜い好きなユトリロの白の時代を思い起こさせる雪景色です。
また1つ、お気に入りを見つけてしまいました。旅はやっぱりいいものです。
3Fへ階段を登ったところで、”うわーっ”と声をあげてしまいました。正面の壁には「ピクチャーウインドウ」と呼ばれる大きな額縁・・・その中はガラス窓になっていて、いわゆる”借景”が演出されていました。窓の向こうは秋の日に輝く芦ノ湖と雪を頂く富士山。

遊覧船「バイキング号」 これが「村落への道」
これが”借景”だぁ〜 ここで豊かな時間を

美術館の5Fにあるレストランで、文字通り絵に描いたような芦ノ湖と富士山を眺めながらランチタイムです。思い思いのパスタとコーヒーで優雅なひとときでした。
1Fのお土産ショップでひとしきり買いあさり、やっぱりもう1度見ておきたい”お気に入り”と一期一会しに3Fに戻りました。誰もいない展示室。「村落への道」の正面にあるイスに腰掛けて、じーっくり、ゆったり眺めます。あー、し・あ・わ・せ

満足満足で箱根湯本駅へのバスに揺られました。
駅前のお土産商店街でさっさと買い物を済ませ、昨日下見の時に気になった喫茶店「ユトリロに直行します。今まで見た画家の中で、とにかく一番大好きなユトリの名をつけた喫茶店、一体、中はどうなっているんでしょう?
恐る恐る入り口からのぞくと、ユトリロの水彩画がいくつかと、他の画家の作品が壁一杯に架けられていました。
「いらっしゃいませ」の声に誘われて、お腹いっぱい、ノドも乾いていないのに、ふかふかのソファに座ります。もちろん、ユトリロが正面に見える席。30分ほど、し・あ・わ・せタイムを過ごして、ようやく帰りのロマンスカーに乗車、家に着いたのは18時前でした。


                                                                                              (かぐや姫 yumi)


トップに戻る     【34】へ