■「星の里」日記(きらら庵編) 【31】 02/10月編   


目次>【1】【2】【3】【4】【5・番外】【6】【7】【8】【9】【10・番外】
     【11】【12・番外】【13・番外】【14】【16】【17】【18】【19】【20】
    【21】【21】【22】【23】 【24】 【25】 【26】【27】【28】【29】 【30・番外】【31】 【32・番外】 【33】 【34】


■02/10/13  涼しいのがお好き?

「竹から生まれたかぐや姫」がありなら、「秋に咲いたハイビスカス」だってチヤホヤされたいのでありんす。

10/12 23:50 明日あたり開くかしらと思いきや ・・10/13 7:10 人しれず夜のうちに全開  

6月に「モリモトおじさんの石垣島スパイス山分け大会」をやった時、”お土産のおまけ”だったのが、「石垣ハイビスカスのモト」でした。直径1.5僉長さ10僂らいのハイビスカスの木というか枝というか・・が2本、ビニールの袋に入っていて、説明書には、枝の切り口に塗ってあるロウを削って水に浸けておくだけで栽培できると書いてありました。
そんなんでハイビスカスが咲くのかね?と半信半疑、でももしかしたら、この夏の異常な暑さで南国気分を思いだし、咲いてくれるかもしれないと試してみたの。

ものぐさな私は説明書き以上の事は何もせず、毎日水だけ替えてあげるだけ。8月の強烈な直射日光の下、ちっちゃな芽がちょっこり顔を出しました。伸びようっかやめよぉっかどうしよーっかなーと随分迷っている様子で、なかなか葉が出てきません。あっと言う間に9月。こりゃダメかなーと思った途端、涼しい風に気持ちよく揺られながら、元気な葉っぱがグング茂ってきました。10月に入ると小さな蕾がついて、あれよあれよ膨らんで、1晩のうちに花開いてしまいました。どうやら、夏が苦手のハイビスカスだったようです。


■02/10/14  アロマの日

清里の星祭りで、”ドン関根どらえんもんのポケット”から、「茶香炉」が出てきたんです。しかも胴体には星や三日月のかたぬきがある! こんなお洒落な香炉なんて、滅多にお目にかかれません。いつも「きらら庵ブース」を遠巻きに見ているだけで、決して一服盛られようとしないドンなんですが・・実はお茶に興味があるんじゃないの? 似合わないけど、茶の修行に入りたいなんて秘かに思ってるんじゃない? 遠慮しなくていいのに・・怖くないから・・こっちへおいで〜〜ぇ・・ええ???

とにかく大事に持ち帰り、家にあった茶葉を香炉の上に乗せ、アロマテラピー用のロウソクを下に入れようとしたら・・香炉の口が小さくて、ロウソクが中に入らんのですわ。ロウソクを削って小さくすれば問題解決なんだけど、ものぐさな私にそんなワザは無く、ドンに「茶香炉が使えなーい! ロウソクが入らなーい」って訴えたの。

時は移って石川町の星祭り、会場に到着してあちこち愛嬌を振りまいて・・ドンのブースにも思いっきりの笑顔で近づいたら、ちょうどいいサイズのロウソクが1パック差し出された。さっすがは”どらえもんのポケット”。頼りになります!騒いでみるものです。

茶葉を乗せて ロウソクを入れて 明かりを消したら、ほらっ!

石川町星祭りの荷物を片づけて、来週の里美村星祭りの準備をして・・・やっと一息。今日は「アロマの日」と決めたのでおじゃる。
念願の「茶香炉」に茶葉とロウソクをセットして明かりを消す。は〜ぁ〜〜あ〜〜〜ぁ・・なんていい香り・・そして幽玄の世界。BGMは、♪青い あーおい 月の夜〜♪で始まる「酔いどれかぐや姫」がぴったり。至福のひとときでありんした。

                                                                                              (かぐや姫 yumi)


トップに戻る     【32】へ