きらら庵物語                          

目次> 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第7章 第8章 第9章 最終章 


●第6章. 灰は天下の回りモノ

Hi! ハイ はい 灰・・・
新たなる課題────炉の中に入れる灰をどうやって手作りするか───── 階段問題が未解決である上に更なる難問を突きつけられた私は、とにかくリーダーに助けを求める。しかし、さすがのリーダーも、日頃とんと馴染みのないこの課題には腕組みしたまま唸るばかり。でも大丈夫、きらら庵はスタッフで保つんだもの、きっとみんなが助けてくれるワと、階段問題の時には設計図を描いてくれた、なるみチャンに電話してみる。だが彼女も灰を設計した(?)経験があるわけではなく、これまた唸るばかり。


それじゃあ次に明美はどうだろう。
「灰・・・ですかあ・・・灰といえば・・ですねえ・・・火葬場の灰・・・くらいしか思いつかないですねぇ」
さすが元看護婦明美。発想が違う!  おーっと、ここで感心しているわけにはいかない。師匠がいらした時に、
「まあ、いいお灰ねえ。何からお作りになったの?」なんて聞かれたら・・・どうするんだ! 


困り果てた私は、切り札ノブに助けを求める。嬉しいことに階段問題以来、一家を上げてきらら庵をサポートしてくれるのだ。
「ススキならウチの裏にいっぱい生えてるから、刈りに来れば・・・」
ノブから大きな助け船が出された。・・・・いいのかなあ、だって、その土地、お隣さんのでしょ。
「う〜んダメかもしれない・・・それなら川口市の土地でススキがいっぱい生えてる所も近くにあるって」ノブのお袋サンの知恵のようだ。


よ〜っし、最後の手段は川口市のススキだ。でも何か他に妙案はないものか・・・もっと簡単に、確実に灰を手に入れる方法は・・・じたばたと模索する私にとって、この時、地球の自転が急に早くなったような気がした。そんなこと、あるわけないよ〜っと、地球はその正確な運行を証明するかのように、テンペル−タットル彗星の軌道を予定通り横切り、私は灰問題を棚上げして「しし座流星群」観測に走るのだった。満月近くの悪条件にもめげずに休暇を取り、高速を飛ばして駆けつけた観音平は流れる雲の通り道。雲量9の中でもマイナス等級の流星を飛ばしてくたのは流石だけれど、流星雨には程遠いものだった。南中したオリオン座が雲に隠れてしまい、あーぁと気を抜いて視線を山の端に落とした時、眼に飛び込んできた明るい光は、何とカノープス。思わず手を合わせ、“きらら庵”に力を貸して下さいと祈ったのでした。


が、世の中そんなに甘くはないようで、地道な方法・・・ススキ刈りの他に、灰問題を解決する手だては見つからなかった。

いよいよ川口市のススキ刈り決行だ!・・・でも、勝手に刈って大丈夫?
「お袋が市役所に電話して聞いたら、“雑草でしかないススキを刈ってくれるなんて、そりゃ大助かり”って、喜ばれたらしいよ」とノブ。お袋サンの素早い行動に感謝感謝感謝。


私は小さなカマを買い、明美とともにともかくノブの家へ出向いた。
あ〜ら、本当に刈りに来たの? 本当に灰、自分で作るの?」・・・お袋サン、冗談だと思ったのだろうか?・・・ちょっと焦った私は、 


「そっ、そうなんですよ。作ると言ったら、ともかく作ってみないことには一歩も前進できないんです」と、この真剣さを精いっぱい顔に出してアピールすると、
じゃあ、ともかく裏のススキ、見てみれば」とお袋サン。


え?でも裏のススキは刈れないから・・・その川口市の土地に・・・早く行きたいな・・・日暮れも近いことだし・・・なんて思いつつ・・・ノブ家の裏手に回る。おお、立派なススキが適度に立ち枯れて、良く燃えそうだ。だが、お隣サンの了解は得ていない以上、勝手な事はできない。


この辺なら、もう倒されてるし、持ってっても大丈夫よ」お袋サンが指さす。
え? 持ってってもったって、ホントにだいじょうぶ? 迷惑はかからないの?と問う間もなく、私のカマを指さして
そんな小さなカマじゃ、いっぱい刈れないでしょ。ちょっと待ってて、ウチの大きいカマ持ってくるから。軍手も要るわね」と言うが早いかお袋サン、家の中へ取って返す。


でっ、でも無断で刈るのはまずいんじゃない? ねえ、ノブ?と視線を移すが、お袋サンの勢いに「?!」顔のノブ。

「その辺に倒れてるススキだけでいいですから」と、カマと軍手を持ってきたお袋サンに言うと
それだけじゃ足りないでしょ。大丈夫よ。こ〜んなにたくさんあるんだもの。ちょっとぐらい刈ったって、わかりゃしないから


あ、あの、川口市のススキは?と、今度は明美に視線を送るが、彼女も「?!」

どうせなら、細い葉っぱや先っぽじゃなくて、こういう茎の太いところの方が いいわよね。その方が灰もたくさん出来るでしょ
言いながら、お袋サンのの大きなカマがススキをザックリ。お袋サン、もう完全にスタッフと化している。しかも年季が入ってる分、強力である。


大丈夫ダイジョブというお袋さん、いいんじゃないというノブ、もうちょっともうちょっとと言う明美、そしてみんなのパワーに圧倒されたままの私でダンボール2箱にぎっしりと、お隣サンのススキを詰め込んだ。


翌々週、ふたご座流星群観測で徹夜した妙義山からの帰り途、そのダンボールを「星の里」へ持ち込み、灯油の空き缶の中でススキを燃やしてみるが、上手く完全燃焼してくれない。まずい、このままでは炭になってしまう。


「空気穴がないからだ。底をちょっと上げよう」
慣れた手つきでヒロピョンが灯油缶の通気を良くすると、勢いよく炎が上がり、ススキがどんどん消えてゆく。この日、きらら庵スタッフの第2回研修のため、ヒロピョン、ノブ、リーダーが集まってくれたのだが、研修の前に灰問題を解決しようと、ススキを燃やし始めたのである。


ダンボール1箱分のススキは、バケツ4分の1程度の灰に変わり、ヒロピョンが2箱めのススキに取りかかっている間、ノブはバーベキュー用の鉄板の上で、出来上がった灰を冷ましていた。せっかくの灰が風で飛ばないよう、ダンボールを切って鉄板の回りを囲い、しゃがんでいるその姿は、どう見ても ”まつり命”ってな感じの屋台のオヤジである。


結局、ダンボール2箱分のススキから、バケツ半分の灰が出来上がったが、炉の深さを考えると、あとどの位のススキが必要になるのか・・・お先真っ暗である。

「なんだー、全然足りないじゃないかー。灰なら・・・もっと早く言ってくれれば ・・・ウチの実家、かまどでご飯炊いてるから、灰なんていつも捨ててるんだよ。 ついこの間も捨ててたよ」とヒロピョン。
 かまど! 捨てちゃった! 


まあ、仕方ない。とにかくススキを “集めては燃やす集めては燃やす”を続けて行けば、きっといつかは炉一杯の灰ができるだろう。果たして師匠を呼ぶ予定の春までに、できるかどうかはかなり不安だが・・・。その不安はチョット置いといて、ヒロピョンにはやって欲しいことがあるの。


師匠が来た時に、お茶だ食事だと何時間も正座を続ける事になる。だが「きらら庵」には普通の座布団を人数分並べるスペースはない。それは一人一枚と考えるからムリなのであって、師匠達が座る部分をきっちりカバーする、長い座布団があれば用が足りるのである。
問題は、そんな座布団(といえるかどうか)は、あまり市販されてはいないという事である。となれば手作りしかない。型紙も見本もない、変形座布団を美しく作れるスタッフ・・・といえば・・・料理と裁縫が大好きなヒロピョンしかいない。


「え? 座布団?・・・・・じゃあ寸法だけ教えて」
何もかも、とにかく茶室向きの男である。

さて、とにかく手作り灰第一号を自宅に持ち帰り、ダンナにその漉し方を説明する。ここはやっぱりダンナに活躍してもらおう。彼は早速、風呂場で灰をバケツに入れて水に浸ける。炉の中に入れるのはさらさらの白い灰でなければならないが、燃やしただけの灰は限りなく黒に近い灰色である。こんなんで大丈夫なのかなあと心配すること1週間、師匠の言った通り、混沌としていた水が澄んできて、灰がバケツの底に沈殿し、水面に燃えかすやアクが浮いてきた。

“ススキ”の灰から不純物を漉す

ダンナは沈殿した灰が混ざらないよう、静かに上澄みだけをオタマですくい取ってゆく。後には水気をたっぷり含んで黒ずんだ灰が、ネットリと残った。ギリギリまで水分を抜くため、写真を現像する時に使うバット(50傳30僂らいの浅い容器)に灰を移し、片側の底に雑誌を挟み込んで斜めに傾け、低くなった方にしみ出た水を丁寧にすくい取る。これを自然乾燥させると、どんな色になるのだろうか?
とにかく乾くのを待ってざるで漉す。そこまでで1工程ということになるが、1回ではアクが抜けきらないため、灰が白くなるまで何度も何度も同じ工程を繰り返さなければならない。黒ずんだ灰を眺めていると、気が遠くなる話である。

灰製作に使った道具(何もかもザラザラでキズだらけ)

12月20日。駿台天文講座友の会の忘年会。久々登場の、ツアーシェフT氏。話題はやはり「きらら庵」になる。
「もう茶室もできたんでしょ」
「いやぁ、建物としては完成してるんですけど、いろいろ問題が多くって・・・」


犬も歩けば棒に当たる。“困ってるの”と口に出せば誰かが助けてくれる。「美の山星祭り」の帰り途以来、とにかく人に相談してみる事をモットーにしている私は、行き詰まっている灰問題を口にした。
「灰? 灰ならウチにあるよ。火鉢の灰なんかでいいんでしょ」
意外な答えがツアーシェフから返って来た。それリーチ!という間もなく、忘年会はカラオケ大会に突入し、残念ながら話はそれっきりになってしまった。

 
3日後、我が家に宅急便が届いた。送り状を見ると「灰」と書いてある。T氏は覚えていてくれたんだと、ほくほくしながら包みを開ける私に、
ちょっと不安げなダンナが
「それ、何の灰かなあ・・・」と遠巻きに見ている。
「大丈夫よ。Tさんからだもの。明美ちゃんからは絶対もらわないから」と言うと少し安心したようである。届いた灰の中には、炭のかけらや木の燃えかすなどが混ざっており、植物製の灰であることが確認できた。


ダンナは慣れた手つきで、これも水に浸ける。この前「星の里」で作った灰よりは茶系の色で、アクが少ないような気がするが、なにしろ初めての灰作り、なにがどうなって行くのか全く先が見えない。こうして、ジジを極めた1年を、スタッフのお陰でどうにかこうにか凌いだものの、魔法が解けぬまま新しい年に乱入した。


1月3日。言わずと知れた「りゅう座流星群」観測のため、群馬県みかぼ山に向かうデリカの中で、ヒロピョンが2つのビニール袋を差し出した。
「こっちが桑だけ。こっちはブレンド」
え?・・・ルームランプをつけて確認すると・・・その中には・・・灰。 


「実家のかまどで作ってみた」火葬場の灰はご免だが、そこそこの灰なら何でもいいと思っている私に比べ、ヒロピョンは何から作った灰がベストか、あくまでこだわるのだ。何もかも、本当にお茶向きの男である。


ヒロピョン作成の2種類の灰を見比べると、“桑”純正で作った灰の方が白く、アク抜きをしなくても使えそうなくらいである。なくさないよう、大事にリュックに入れて持ち帰る。それにしても・・・“何とかしてやろう”というみんなの思いが身にしみて嬉しい。
やるっきゃない。とにかくやるっきゃないのよね・・・かまどで作りたての灰、水に浸けた灰、自然乾燥中の灰それぞれをを眺めながら、胸の前で拳を握る私であった。  

  (yumi)


●戻る     ▲次へ