メキシコ・マヤ文明編                          

目次> 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第7章 第8章


●第6章.つぶやき
憧れの自転車タクシー

3日目の朝は5時出発。モーニングコールは4時15分きっかりに鳴った。外は未だ暗い。日の出は7時20分頃だという。

メヒカーナ航空603便を待つ空港ロビーからは、紫のシルエットに浮かぶ山並みが眺められた。5000m級という尖った活火山からは白い噴煙が登り、その上には絵に描いたような三日月が鈍く光る。

考えてみればここは2000mを超える高原なのよね。大気汚染と砂塵がなければ、透明度のいい空が広がっているはず。
「惜しいなあ・・・」
私は思わずつぶやいてしまった。

7時10分に離陸した飛行機は、ゆっくりと朝焼けの山々を超えて行く。頂の向こうには、5000mに遮られた雲海が、ふわふわと絨毯のように広がっていた。目指すはユカタン半島。
メキシコ湾を横断し1500劼曚蛭瑤屬函△修海呂發Τと苅毅蹇ユカタン州の州都メリダだった。

野っ原という趣のメリダ空港から、貸し切りバスで30分ほど走ると街の中心に出る。地元の人で賑わうルーカス・デ・ガルベス市場を見学し、外に出ると、今メキシコで大流行の自転車タクシーが次々走っていた。乗ってみたいなーと、指をくわえてみるものの、ああバスの集合時間なのだ。

今日一番の見学は、マヤ文明の古典期に栄えたウシュマルの遺跡。これから80劼眩らなければならない。バスはひたすら南へ向かう。途中、いくつかの村を通り過ぎた時、ふーっと懐かしい風景に出会った。

それは赤土がむき出しの学校だった。同じメキシコとは言っても、バハカリフォルニアの先端近くの小さな町、サン・ホセ・デルカボ。1991年7月11日の皆既日食を観測したのが、現地の学校の校庭だったのです。肌を刺す陽差し、青い空に高く登る太陽、灼けた赤土、背の低い木々・・・まるっきり同じような風景。
「あれから・・・もう10年・・・」
私は思わずつぶやいてしまった。

ウシュマルの遺跡に到着すると、入り口の前で、辻さんが入場券を手首に巻いてくれた。黒字に白で“UXMAL”と書いてあるテープの,、端と端がシールになっていて、くっつけられるようにできている。あーらオシャレな入場券ね。

UXMAL(ウシュマル)のオシャレな入場券

メインゲートから正面に見える“魔法使いのピラミッド”は、現在修復中で登れない。とにかくどこの遺跡も、どこかしら修復している最中ってのが、メキシコの遺跡の特徴かしら。また来なくちゃいけないじゃないの! こうやって観光客を増やそうってこと? 

辻さんに言わせると、60度を超える勾配を持つピラミッドに登れなくてラッキーなのだそうだが、ラッキーかアンラッキーか、やっぱり体験してみたいものなのよ。そりゃぁ昨日のテオティワカンで登った月のピラミッドのお陰で、ちょっと筋肉痛だけどさっ、などとぶつぶつ言いながら“魔法使いのピラミッド”の右手を回り、尼僧院へ。

大きなイグアナがあちこち出没し、甲高い鳥の声が聞こえる。ああ南国だわねー。
尼僧院の階段は1段の高さが約30僉それほど急ではない。小部屋が整然と並んだ建物が、長方形の中庭をぐるりと取り囲んでいる。
中庭に降りると、意外にも風が心地よい。風通しの良さは、京都の町屋を連想させる。手を叩いてみると、音響効果はオーストラリアのオペラハウスのようだ。

古代、東西南北には色が決められていたらしい。東の建物は黄色、西は、南は、そして北はと、色彩豊かな宮殿だったようだ。ここで方位磁石のお出まし。バッチリ方角はあっているのか、それともズレているのか。ズレているなら、古代の計測不良なのか、それとも何か理由があっての事なのか、そこのところが知りたいのよ。テオティワカンほどではないけれど、ちょっとズレてるみたい・・・ねえ辻さん・・・あれ!みんなもう移動してるの?早いなあ。

 (yumi)


■戻る     ▲次へ