メキシコ・マヤ文明編                          

目次>  第1章  第2章  第3章  第4章  第5章  第6章  第7章 第8章


●第8章.醍醐味

メジャーな遺跡は勿論押さえておきたいけれど、まだ発掘の途中だったり、逆に放置されてしまったような遺跡の方が、思いもかけない発見があったりして、捨てがたい魅力がある。


以前、奈良の遺跡巡りをしていた時のこと、「鑵子塚(かんすづか)古墳」という、かなりマイナーな古墳を探したことがある。ガイドブックの説明には年代くらいしか書かれていない上、大雑把な地図の端に古墳マークだけがポツンと印刷されているだけだった。山を越え、里を抜け、やっと現れた標識は倒れかけていて右だか真っ直ぐだか当てにならない。野生のカンでやっとたどり着いたその小さな古墳の前には、名前だけが書かれた看板がポツンと立っていた。


鎖で囲われることもなく、何の説明書きも無く、発掘しっぱなしという趣の遺跡には、「立入禁止」の注意書きも無い。看板の横をすり抜けて、丸く盛り土をした遺跡を登る。木立の間にある横穴からは、丸い石が組まれた石室を覗くことができた。辺りには誰もいない。静かな風の音だけが聞こえる。

もう1度周囲をうかがい、思い切って古墳の中に滑り込む。ひんやりと冷たい、そして少しカビ臭い空気。中は暗いので、リュックからペンライトを出す。天井を照らすと、丸い石がびっしりと隙間無く詰まっている。よく支えているものだと、古代の人々の技術に感動した。

今、大地震が起こって、この天井が崩れたら、私は確実に生き埋めになる。未来の考古学者がこの遺跡を再び発掘した時、私はこの遺跡に葬られた古代の姫君と思われるだろうか。遺跡と被葬者の年代のズレを、彼らはどう解釈するかしら・・・。誰にも邪魔されない、私だけの時間は、古代から現在を通り越し、未来まで旅をする。これこそ遺跡巡りの醍醐味なのだ。

左側の入り口はロープが張られてダメ・・でも右側なら・・ 近づくと・・・

マヤの遺跡は、メキシコ政府が観光客誘致に向け、力を入れていることで、メジャーな遺跡は、本当によく整備されている。


けれど、奈良の「鑵子塚古墳」で、ひと味違う楽しみ方を経験した私としては、ちょっと物足りなかったりする。メキシコという国の治安を考えると、マイナー遺跡を1人で巡るのは危険すぎるだろうから、これはできないものねだりってことになってしまうかな。

そんな思いを抱いて、カバー遺跡に降り立った。先のウシュマルの遺跡から20辧△修寮里蓮△海離バー遺跡まで、まっすぐな道が通っていたという。遺跡の外には、凱旋門のような石組みの疑似アーチが残されている。

日差しは刺々しく私たちを迎えた。鳥の声が演歌調に聞こえる。痩せた犬が1匹、びっこを引きながら、私たちを遺跡へと先導してくれた。


静かな空間だった。今までの遺跡とはまるで印象が違う。私たちの他に団体観光客はいない。1人、2人のグループ、子供連れの家族くらいが、ゆったりと歩いている。私の野生の神経がピピピンと波打った。
メインの「仮面の宮殿」の階段は1段の高さ(建築用語で「けあげ」というらしい)が22センチくらいで段数も20段ほど。楽勝ムードで登ると、上はいくつかの小部屋に分かれている。入り口には綱がはってあって、中は覗くだけ。大きなチャック(雨の神)のレリーフは360個もあって、外壁を飾っている。その前で記念写真を撮ってお終いってのが普通の観光パターンのようだ。でもねでもね、こういう、ちょっと人気のない遺跡こそ、クンクンと犬のように嗅ぎ回ってみる価値があるの。

私は整然と並んだ入り口を次々覗いて回った。と、端からいくつか手前の入り口は、綱もなにもない状態になっているではないの。さりげなく辺りを見回し、2〜3段ほどの階段を、素早く上って中に入った。湿気のある暗がり。蚊だか何だか小さな虫が飛んでいる。黒ずんだ床には、お尻がすっぽり入るくらいの丸い窪みが不規則に並んでいる。壁も黒ずんではいるけれど、ところどころ赤っぽい塗料が残っている。何をしたところなんだろう・・・。インディ由美の冒険心がくすぐられる。

怪しげな遺跡

「みなさん、写真撮りましたかー?」
外で辻さんの無情の声が響く。どうやらここも音響効果抜群のようだ。


仕方なく遺跡の外に出ると、すっかり暗順応した瞳孔に、直射日光が突き刺さる。ああ、カメラをバスの中に忘れてしまったわ・・・この遺跡は「鑵子塚古墳」に通じる魅力があるのになあと思っているところへ、写真が趣味のタミコさんが、一眼レフを向けてくれた。


せっかくなので、メインの遺跡の左奥にある、もっともっと怪しげな建物の前で写真を撮ってもらうことにした。瓦礫と化したような丸みのある遺跡と、キリッとした三角の小さな窓の対比が不思議な感じだ。


みんなはもうバスに向かっている。私は怪しげな遺跡を振り返り「また絶対来るからね」と、未練を残してカバー遺跡を後にした。
  


☆★ この章の写真は3枚ともタミコさんの撮影です ★☆                                           

(yumi)


■戻る