メキシコ・マヤ文明編                          

目次>  第1章  第2章  第3章  第4章  第5章  第6章 第7章  第8章


第7章.温故知新
いくつもの赤い手形・・・わかるかな?

円”という概念を持たなかったマヤ文明。同じ地球に暮らしながら、時代がちょっと違うだけで、基本的概念までも違ってしまうなんて。


これは未知との遭遇に他ならないなー・・古代文化を理解するのは大変なことだわ・・でも、だからこそ頭を柔らかくして、全身で感じられるようにセンサーを鍛えなければ。


古きを訪ねて新しきを知ることが、この旅の醍醐味なんだもの。私はふんふんと、1人で頷きながらみんなに追いついた。
 

“マヤの疑似アーチ”と呼ばれる独特の三角天井がある通路には、いくつかの手形が残っている。この建物を立てた職人達なのか、設計者のものなのかは不明というが、少し赤みが残るその窪みに右手の平を重ね合わせてみれば、古代の人々の息吹がようやく身近に感じられるような気がした。


床には、雨が降った時の排水路のような2本の溝が残っている。試しに水を流してみたいもんだなーと思いながら南側の通路を抜けて尼僧院を後にし、しばらく歩くと球戯場に出る。


『球技場』ではなく『球戯場』と書くところが意味深だと、辻さんの説明。レリーフの施された石の輪の中に、手を使わずにゴムボールを通すとポイントになるのが基本ルールで、勝利チームのキャプテンは、【生け贄になる】という【最高の名誉】を得られたんだそうな。現代では想像もつかない風習を持っていたマヤの、宗教儀式に近い命がけのスポーツ施設だ。

球擬場を抜けて木立の中を少し登ると、櫛飾りという独特の建築方法をとった鳩の館に出る。元はかなり大きな四角い建造物だったようだが、今は崩れかけた正面の壁だけが残されている。

さて、魔法使いのピラミッドに登れなくてフクれていた由美ちゃんには、お楽しみ! ドドドーンと大ピラミッドが待ち構えていた。下から見上げると、クラクラするような急な階段。 ラッキーかアンラッキーか、体験してみなければわからないとブツブツ言ったからには登るしかない。
よおーっし!と気合いを入れて1段1段足下を確かめながら、お猿のように両手をついて上って行く。振り返ると、無防備な自分の体が小さく小さくなっていく感じだ。
 
大ピラミッドの急勾配

上りつめると、古代から吹いてきた風が頬に気持ちいい。高所恐怖症のタミコさんも、今回は上だけを真っ直ぐ見つめて上ってきた。降りるときも上るとき同様、階段の方を向いて後ろ向きに降りると怖くないからねと言うと、こわばった口元がちょっとだけ笑顔になった。

大ピラミッドの右手から総督の館に回ると、100mもあるという壁の上に施されているうねった蛇の彫刻が目についた。マヤにはよくあるデザインだけれど、これだけの長さは迫力がある。太陽光線の当たる角度によって蛇が浮き上がり、まるで生きているかのように見えるのだという。光と影、それはマヤの人々が好んで使った演出方法のようだ。

総督の館のある広い敷地のはずれにある亀の館は、この乾いた大地に暮らす人々にとって、何より大切だった水を連想させる亀を神格化した彫刻がほどこされている。 ここからは、空中にそびえる魔法使いのピラミッドが望める。実際の距離よりも遠く、宙に浮いているかのような気品のある美しい姿をを見つめているうちに、ふと宮崎駿監督のアニメ「天空の城・ラピュタ」を思い出した。


その中にはピラミッドが4層重なっているのだというが、ピラミッドの上にピラミッドを重ねるという作業に、どんな意味があったのだろう・・・私のたくましい空想が、魔法使いのピラミッドの外壁から中へ中へと入り込み、時代をどんどん遡って行こうとした瞬間に、みんなが動き出した。ああ・・・。
 

ぐるりとウシュマルの遺跡群の中を一周した形で、メインゲートへ戻る。入った時には気づかなかったけれど、トイレの近くに竹の茂みを発見。日本固有の植物というわけではないけれど、懐かしい気がしたのはなぜかしら。

外に出ると出店のお土産屋さん達からの呼び声。Tシャツが3枚で100ペソ(約1000)という。手にとってみると生地はしっかりしているし、絵柄も種類が豊富でダンナのお土産ぴったり。


店番のおばさんに次から次へと広げさせ、大きなアステカのカレンダーがプリントされたもの、魔法使いのピラミッドをデザインしたもの、そして沢山の星座が円盤状にプリントされた3枚をゲットした。


バスに戻ると、中は冷房がひんやり。気が付くと、汗びっしょりになっていた私。外の気温は40度近いかもしれない。直射日光もきつかったしね。このままでは絶対風邪をひくなー・・・と、視線は今買ったばっかりのTシャツに。ダンナのお土産に3枚もいらないっかなー。また違う遺跡で買ってもいいし!と、簡単に決定し、バスの中のトイレで着替えを済ませた。あー新品のTシャツは肌に気持ちいい。
彼方に浮かぶ魔法使いのピラミッド

昼食は「ミッション・ウシュマル・ホテル」のレストランにて、メキシコの庶民にとって最もメジャーなお肉、鳥料理を賞味。ここでの一番は、レモン風味のスープ。浮かんだ香草も爽やかで美味しかったな。あまーいあまーいプリンのデザートでランチを締めくくり、次なる観光は「マリアおばさんち」。


クープ街道という立派な名前がついたガタガタ道を
10劼曚描る。見えてきたのはサンタエレーナという小さな町。このツアーオリジナルの企画で、マヤの血を引く家庭の、普通の生活を垣間見るというものだった。
小さな門をくぐり、色とりどりの花が咲いている敷地内に入ると、藁葺き屋根の小さな小屋が3つ4つ独立している。

寝室と説明のあった部屋にはハンモックがかかり、寝苦しい夜も快適に過ごせるという。ベッドと同じように、ハンモックにもシングルとダブルがあるなんて、知らなかった私はビックリコックリ。ツアーの面々も、いろいろと想像の輪を広げ、ほうほうと感心していた。
キッチン兼リビングの小屋では、マリアおばさんが焼きたてのトルティージャを振る舞ってくれた。素焼きの壺に入れておけば、朝焼いたトルティージャでも夕方まで温かく食べられるのだという。こんなところにもマヤの人々の優れた知恵が息づいている。何が便利で何が不便なのか、ホントのところは・・・などと考えつつマリアおばさん一家の笑顔に見送られ、次なる目的地、カバー遺跡へと向かった。

(yumi)

■戻る     ▲次へ