メキシコ・マヤ文明編                  

目次> 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第7章  第8章


●第4章.下見、 発見! 遅刻
月のピラミッド(高さ46m、底辺150mx120m)

高さ、約42僉
月のピラミッドの階段は、1段が私の膝上まである高いもので、人を威圧するに充分な急勾配となっていた。


気合いを入れて、お猿のように両手をつきながら登って行く。まるでオーストラリアのエアーズロックに階段がついたような感じで、あの鎖場の急勾配を思い出した。


「私・・・ちょっと・・・ダメ・・・。これ以上行くと降りられなくなりそう」


3分の1程登ったところで、同じツアーのタミコさんが固まってしまった。何と高所恐怖症だという。


振り向いて下を見ると、確かにどうやって降りたものかと躊躇してしまう斜度だ。
彼女は後ろ向きのまま、そろーりそろーりと今来た道を引き返して行きました。






こんな時は、振り返らずに上だけ見て行くしかない。
私は滑らないよう、全神経を足元に集中させて頂上を目指した。
登るにつれ、周りの外国人もハアハアと息を弾ませている。やはり標高のせいだろうか、心臓がバクバクしてきました。途中にある、踊り場のような少し広い部分に到達したので腰を下ろし、持ってきたミネラルウォーターを1口飲む。そんな風にして、みんな休み休み登っていた。

月のピラミッドからの眺め

頂上からの眺めは最高だった。
月のピラミッドから真っ直ぐ南の方向に伸びる“死者の道”。左手には太陽のピラミッド。遠くの山並みは、砂塵のせいか少し霞んで見える。汗ばんだ体に、風が心地よい。


ピラミッドの裏側はどうなっているの?と、のぞいて見ると、そこはただただ瓦礫の山という状態。


マヤの遺跡は損傷が激しく、人が見学する場所は相当修繕しているのだそうな。そりゃ1600年余りも前の建造物だもの、崩れもするだろうし色もあせてしまったのだろう。
そのせいなのだろうか、タイのピマーイの遺跡で感じたような、古代の人々の温もりが全く感じられない。


テオティワカン人というのは、一体どんな民族だったのだろう。彼らに放棄されたこの遺跡を、後に発見したアステカ人は、神々が建てた都市だと信じたそうだが、私も同感!と思ってしまう程、荘厳で恐ろしかった。



ゆっくりしているわけにもいかない。私はちょっと焦り、でも神経は足元に集中させて階段を踏みしめながら
、月のピラミッドを後にした。次は、このテオティワカン遺跡の中で最大の、太陽のピラミッドです。世界でも3番目の大きさを誇る建築物に登らないわけにはいかないもんね。死者の道を5分ほど歩き、やっと太陽のピラミッドに到着した。

太陽のピラミッド(高さ65m、底辺の1辺 225m)

「うわー、凄い人」

巨大な建物に、蟻のように人が群がっていた。右側から登って左側から降りてくるよう整理されているが、上に行くほど階段は狭く、登るのも下るのもそれぞれ1列で、数珠繋ぎになっている。


残り時間は30分しかない。私は3分の1程登ったところにある踊り場で、その上を目指すことは諦めた。そのかわり、途中にある踊り場を1周して
古代の人々が見たであろう風景を味わうことにしたのです。
真ん中の階段を10歩離れると、人はまばらで1息つける。下の広場を見下ろすと、今までにない不思議な気分になって行った。


広場に集まる群衆。このピラミッドに立ち、彼らに向かって大きく腕を広げる時、群衆は平伏し、全ての権力はこの手に宿る。

テレビの画像が乱れて、パッパと別の映像が現れるかのように、私は一瞬、古代テオティワカンの時代に入り込んだような錯覚に襲われた。太陽のピラミッドには、ここに立つ者に特殊な力・・・威厳、尊厳、信望、知力、霊力、求心力など、権力者に必要な全ての力を与える
何かがあるような、そんな気がした。


ピラミッドの裏側は、表の喧噪が嘘のように静かで、埃っぽい大地を悠然と眺めながら歩くことができる。南側に回った時、初めて強い風に吹かれた。ここからは、四方を城壁に囲まれたケツァールコアトルのピラミッドが望める。その前の広場は、珍しく緑が美しい。あそこまで行ってみたいな・・・でも時間が・・・。また来るしかないな。ここはじっくり半日、いや1日かけてもいいくらいの遺跡だもの。今日は下見ということで・・・。私はウエストバックから方位磁石を取り出すと、腰を下ろして方角を確認することにした。ガイドブックによれば、遺跡は北から東の方向に15度30分ずれているのだという。せっかくこの地に立ったからには、自分で確かめてみないとね。磁石の針は、仰せの通り、15度と半分程度ズレて止まった。

水路発見!(北側) (南側)

お名残り惜しい太陽のピラミッドを後にする。タイムリミットは、あと15分。バスまで5分として、残る10分で行けるところまで行ってみよう。私は小走りに、ケツァールコアトルのピラミッドへ向かった。


しばらくすると、5段ほどの石組みの下に四角い穴が空いているモノにぶつかった。5、6歳くらいの子供が少しかがんで行ったり来たりしているところをみると、向こう側に通じているらしい。私も中を通ってみたいなーと指をくわえてみるが、子供達は譲ってくれない。穴の入り口をよくよく観察すると、底にも石を敷いた後が残っていて、どうやら水路だったみたいだ。穴のこちら側と向こう側の石段の数が違うということは、水路にいくらか傾斜がついているのだろう。きゃー、ガイドブックにも載っていない発見だわん! 私はすっかり満足し、大急ぎでバスのある駐車場まで戻ろうとした、その時
「シャッター、押してくれない?」と、フランス語訛りの英語が迫ってきた。


あー私、先を急いでるのよー、まだ始まったばっかりのツアーでヒンシュク買うわけにいかないのーと、英語に変換している時間より、シャッターを押した方が速いと判断した私は、
「スマイル!」と言って、彼らの要求に応えるしかなかった。
よりによってもう1枚だなんてリクエストされたもんだから、あー集合時間が過ぎてしまう。またまたよりによって、私達のバスは駐車場の奥に陣取っているではないの。汗を流しながら走る私の横に、いつの間にか添乗員の佐々原さんが現れた。迷子になったのかと、心配してくれていたらしい。ああ申し訳ない!                                                                       

 (yumi)


■戻る      ▲次へ