メキシコ・マヤ文明編                          

目次> 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第7章 第8章


●第5章.今日は日曜日
タクシーはフォルクスワーゲンの“カブトムシ”

メキシコシティの西部に位置するチャプルテペック公園は、東西に6辧南北には4劼箸い広大な公園で、市民の憩いの場となっている。その中に、世界でも有数の規模を誇るという国立人類学博物館があった。


1Fは12の部屋に分かれていて、テオティワカンやマヤ、トルテカ、アステカなどなどの考古学フロアになっていた。2Fは民族学フロアになっているようだが、今回は時間の関係でパス。全部見て回るには丸1日必要なくらい充実した内容で、あまり期待していなかった私としては、とにかくびっくりしました。


辻さんは、1時間半程度で効率的にメインの展示物をガイドしてくれた。一番印象的だったのは、やはり“太陽の石”(アステカ・カレンダー)。直径3.6mの巨大な石の円盤に、太陽神やら宇宙の4つの時代などなど、複雑で細かいモチーフが組み合わされていた。彼らが宇宙に何を見出し、何を感じていたのか、そしてこの石にどんな思いを彫り込んだのか、興味はつきない。


トルテカ文明では、金星をケツァールコアトルという神に置き換えて崇拝していたという。太陽と月ならわかるけれど、なんで金星なんだろう? 巨大な石柱を見回しながらつらつら考えたりする。金星・・金星・・・宵の明星、明けの明星。望遠鏡の無かった時代、肉眼で見える唯一の内惑星、金星は、太陽の後先に姿を見せるということで、相当重要視されていたらしい。遺跡には天文がつきものなのよね。天文屋としては、そこのところが面白かったりする。とはいえ、古代の人々が見上げていた星空に思いを馳せる余裕が、この時の私にはまだ無かった。

レストランで記念写真

残念だったのは、マヤの部屋が閉鎖されていたため見学できなかったこと。展示物の入れ替えなどで、時々閉鎖される部屋があるらしい。天文学や数学、そして象形文字など、マヤにはとーっても興味があったので、これは本当に残念だった。そして、もう1つ大ハズレだったのは、今日が日曜日だったこと。メキシコの一般庶民は生活に余裕があるわけもなく、休日の娯楽にお金をかけることができない。そのためメキシコ政府は、遺跡や博物館など公共施設の入場料を、祝祭日にはメキシコ人に無料にして開放しているのだそうな。


テオティワカンの遺跡が、あんなに混雑していたのは、そのせいなのだ。太陽のピラミッド見学に、通常の3倍くらい時間がかかていたらしい。それじゃあ由美ちゃんの遅刻も仕方ない・・・とは言えないっか。メキシコの遺跡は、平日に回るのが鉄則だね。ああ、それにフラッシュ撮影禁止が多いので、マニュアルでフラッシュオフにできるカメラがあるといいかも。


博物館見学の後、バスは間口の狭い店の前に止まった。辻さんが案内してくれたのは、メキシコ在住日本人の宇野さんが経営する土産物店だった。これといったお土産を何も買っていなかった私は、この時とばかりに革製の小さなトレーをまとめ買いし、抹茶茶碗に使えそうな焼き物、そして太陽をデザインした銀製のペンダントをゲットした。

この日のディナーは本格的メキシコ料理。レストラン「フォコラレ」で陽気なマリアッチを聞きながら、牛ヒレ肉を薄く開いて焼くメキシコ独特のステーキを賞味しました。見かけによらず柔らかいお肉は、とっても食欲をそそるけれど、腹八分目をモットーに決めた私は、半分ほどでごちそうさまにした。

民族衣装をまとったお姉さんが席を回り、お客さんにソンブレロを被せ、“いかにも”って感じの民族織物を肩にかけて記念写真を撮っていた。私は今までの海外旅行で、この手の写真には全く関心が無かったのだが、ホームページに今回の旅行記を載せるつもりでいたので、取りあえずゲットしておくことにした。1枚45ペソ(約450円)。あれこれ手を広げると、物入りなのだ。

同じツアーの面々は、コロナビールやマルガリータでみんないい気分になり、話も盛り上がる。平均年齢は60歳くらいになるかなー。とにかく元気な旅の強者ぞろい。エジプトを始め、インドやモンゴル、アルゼンチンや私の憧れペルーなど、世界狭しと見て歩いていた。それに比べて海外経験の少ない私でしたが、みなさんが1度は見たいと思っているオーロラの話だけはご披露することができたので、何とかお仲間に入れてもらったのです。あー天文やってて良かった。

 (yumi)


■戻る      ▲次へ