メキシコ・マヤ文明編                          

目次> 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第7章 第8章


●第3章.テオティワカンの染料


朝6時、目が冴えてしまったのでノソノソ起き出す。食欲がない。衣類は、いつものように必要最小限しか持って来ていないので、さっさと洗濯を済ませておく。今、日本は何時でしょうと、腕時計の表示盤をたどってみると・・・ああ夜の9時半ね。ベッドサイドの受話器を取り上げ、国際電話なんぞしてみる。今回、ダンナが珍しく「毎日電話をおくれ」と言っていたので、無事到着を知らせることにしました。
電話の声は、“ちょっとご近所”にかけたように鮮明に聞こえる。


「どう?」とダンナ。
「機内食、食べ過ぎた」と言うと、電話の向こうに“呆れた”というニュアンスをにじませたため息が聞こえた。
とにかく1人なんだから、自分でちゃんと体調コントロールするようにと何度も念を押され、5分間のラブコールは終わり。


1Fのレストランでの朝食は、どちらかと言うと欧米スタイルのバイキング。トロピカルフルーツが豊かなのがメキシコ風ってところかな。プレーンオムレツを1口と小型のパンを1個、メロンを2種類にスイカ、パイナップルを大皿に載せ、綺麗な赤い色のフレッシュジュースをテーブルに運んだ。お腹の調子と相談しながらゆっくり口に運ぶ。何だかわからずに選んだジュースを口に含んだ瞬間、えっ!と思わず声を上げそうになった。


この味は2度目の経験でした。6年前、皆既日食を見るツアーを企画するため下見に行ったタイで、初めて飲んだスイカのジュース。スイカのちょっとザラついた感じが他にはない喉ごしで、それが妙に気に入ってしまい、タイのどこに行っても「ウォーターメロンジュース!」と注文したものだった。思えば、あのタイで偶然出会ったピマーイの遺跡が、私をここメキシコまで運んだのだ。ああこのつながりって・・・などと、独り感慨にふけりながら部屋まで戻り、念のための胃腸薬を飲む。ああ色気ないなー。情けない!


枕銭の1$紙幣(US$)を置いて手荷物を持ち、ホテル前につけられたバスに乗る。今日はメキシコシティ市内観光の後、マヤの2代遺跡のうちの1つ、テオティワカンを訪ねるのです。貸し切りバスはトイレもついているので一安心。バスは街の中心にある独立記念塔からレフォルマ通りを旧市街へ。この大陸を発見したコロンブス像を過ぎて、紫の花をつけたジャガランダという木が印象的なアラメダ公園の脇を通ってソカロ広場で下車。中国の天安門広場の次に大きいのではというソカロ広場の下には、13世紀頃に栄えた先住民族アステカの遺跡が眠っているという。


テンプロ・マヨール


「その時代、メキシコシティ一帯はテスココと呼ばれる大きな湖でした。湖の広さは、東京が2つ分入るかどうかというくらいの大きなもので、その中に、約3匯擁の島がありました。アステカ帝国はその島で栄えたのです」と辻さんの説明。


水上都市アステカ・・・何と神秘的だったことだろう・・・でも天体観測には向かないね、水蒸気が上がってシーイングが悪いよ、きっと。


「アステカ帝国を滅ぼし植民地としたスペイン人は、広大な湖を埋め立て、アステカの神殿や宮殿を徹底的に破壊したのです」と辻さん。


ああ何て勿体ない! そして現代、地下鉄工事で偶然見つかったアステカの遺跡「テンプロ・マヨール」が、街の中心で発掘されていた。
7層に重ねられているというそのピラミッドまで歩くと、どこからか“コンドルは飛んで行く”の笛の音が聞こえてきました。メトロポリタン・カテドラルからは礼拝の鐘の音が響き、風流だなぁ・・・これぞメキシコ的風流ってもんじゃないのかなーと、1人悦に入る。



あちこち記念写真を撮った後でバスに戻り、マリアッチ広場や3文化広場を横目で見ながら、市内北部にあるメキシコ最大の聖地、グアダルーペ寺院へ。「いつ来ても参拝者で混んでいる」という、奇跡の聖母を奉る寺院では、とにかくスリの被害に遭わぬよう、気が気じゃなくておちおち観光どころではなかった。

ピンク色が残る壁


さあ待ちに待ったテオティワカンだわ。え?その前に昼食? 遺跡近くのレストラン“グラン・テオカリ”にてメキシコ料理のバイキングとなりました。


お腹は落ち着いているが、ここは自重して腹8分目に抑えておこう。本場で食べる初めてのトルティージャに、珍しいけど美味しいというわけでもないサボテンのサラダなどを載せてタコスの出来上がり。揚げた
トルティージャの入ったトマト味のスープは、チキンや野菜など具だくさんで美味しかったな。


陽差しが痛い。目が眩しい。太陽は何と高いことか。荒れた大地の木々の向こうに、巨大な建造物、テオティワカンの遺跡群が見えてきた。


当然ながら太陽のピラミッドと月のピラミッド2つともに登りたい。与えられた時間はたったの1時間。これがツアーの辛いところ。標高はやはり2000mを越えているので、走り回るにはきついでしょうが、調子を見ながら登ってみよう。この1年近くは、心肺機能を高めるため、朝晩の通勤時間に速歩で1駅分歩いてきたんだもん。体に負担はかからないはずと、ダッシュしようとする私の目の前に、メキシコ人のおじさんが厚みのあるサボテンの葉を1つ持ち出した。

「今も多少残っていますが、この遺跡の表面は全て、ピンクに彩られていました。その染料となったのが、この、サボテンについているコチニージャ(貝殻虫)という虫の卵です。この白いのが卵ですが、これを潰すと赤い色が出ます」と、辻さんの解説。


オジサンが木の棒で白い卵をすくい取り、白い封筒に擦り付けると・・・ちょっと黒みを帯びたような強烈な赤に染まった。思いもかけない変化に、取り巻いた見物人からどよめきが起こる。彼は更に、サボテンの茎から出る汁を封筒の横にこすりつけた、と同時に、それは鮮やかな黄色に変わった。
私はすぐに、絵はがき入りのこの封筒を30ペソ(約300円)で入手し、“この巨大なピラミッド全体に色づけするには、一体どのくらいの虫の卵を潰したのかしらねぇ”とつぶやきながら、目の前の月のピラミッドに向かうのだった。

サボテンの上の白いぶつぶつが貝殻虫の卵
封筒:黄色いのがサボテンの茎から出た汁

                                                                          (yumi)


●戻る      ▲次へ