■カナダ・オーロラ紀行 ラバージュ湖畔(Lake Laberge)(2002/3)


目次>【プロローグ】 【1日目】 【2日目】 【3日目】 【4日目】 【5日目】 【6日目】


【5日目】 マンレーを超えた!

3月17日 正直なところ疲れていた。時差の影響か寒さの為か、素晴らしい星空が目の前にあるというのに今1つ気持ちが入っていなかった。頭が廻らない、細かいことに集中しない。焦りを感じるものの身体も動かずロッジの中でボーっとしていた。

そんな時、カミさんが防寒靴をドタドタさせながら走ってくる足音と叫び声でハッと我に返った。
私は充分な身支度もせず、緊張感を背負ってロッジから飛び出した。湖までは30秒とかからない距離だ。
「どうした!」
「見て!」 カミさんが叫ぶと同時に私は北東の空を見て釘付けになった。
「おおーっ!」 そこには縦に細く伸びたいくつもの筋が、輝きながら北に向かって成長していた。やがてその筋は連続した帯に変わっていった。まさにレースのカーテンだ!
「・・・・・」 言葉にならない瞬間があった。この繊細な光が織りなす姿こそ、私が最も好きなオーロラなのだ。こんなにも素晴らしい天体ショーを2人だけで見ていていいのか。仲間に見せたら何と言うだろう。怖いほどの静寂とオーロラの勇姿に身体が震える。
「マンレー('91 アラスカ・オーロラ紀行)」より凄いぞ!」
カミさんと私は、当時の様子をフィードバックさせながらその華麗な舞いを瞳の奥にしっかりと焼き付けていた。

天の川と分離したオーロラ(FM2+シグマ28mm) “レースのカーテン”そのもの(XR-8+スーパータクマー55mm)

朝食の準備をするメインロッジに向かうとスコットが出迎えてくれた。
「どうだった?」
「見えたよ、凄いのが!」私が、ガッツポーズで応えるとスコットは
「そうか、見えたか、それは良かった」とまるで自分のことのように喜んでくれた。
この日は、スコットの友人のリックが泊まりに来ていて、彼の手作りのムース(へら鹿)のソーセージをご馳走になった。狩りをするリックはムースをしとめ、その肉を冷凍保存するのだそうだ。ムースの肉は初めてだったが変な臭みやクセもなく食べやすかった。ソーセージはサラミの油分を少なくした感じでこちらも美味しかったのだ。
食後私達は、ロッジに戻るとオーロラが見られた満足感に浸りながら爆睡に入った。

数時間して目が覚めると、スコットと娘のエミリーが準備してくれたサウナで汗をす。
「薪ストーブでお湯を沸かし、その蒸気でサウナになる。熱くなりすぎたら、水や雪を入れて温度を下げればいい」
身振り手振りで、こう言ってくれたと思う。出来て間もないサウナルームはスプルース材の白木が美しくサウナに使うには勿体ない気がした。

サウナの扱いを説明してくれたスコットはエミリーを連れてスノーモービルで釣りに出かけていった。「夕食には何か釣ってくるから」と。

スコットとカークが1日半で作ったおしゃれな“サウナルーム” 薪ストーブで大量の水を沸かし 雪で温度調節、気分サッパリ!

汗を流したせいか、体調も良くなり、後は気合いを入れて今晩と明晩の2夜のオーロラに挑むだけだ。

遅くなりましたが、ここで今回の遠征で持ち込んだ機材の紹介を。
カメラは、ニコンF3HP+コシナMF28mmF2.8、ニコンFM2+シグマAF28mmF1.8アスフェリカル供▲撻鵐殖僑掘棕咤唯奪織マー105mmF2.4、リコーXR−8+SPタクマー55mmF1.8、ここまでは全部カミさんの所有物。自作全天2Bカメラ+ミノルタMD16mmF2.8、スナップ用にコニカの現場監督(全天候)を用意した。
受け持ち担当は、カミさんがペンタ67とFM2、私がF3、XR−8と全天カメラだ。

レリーズは、トラブルを考えて10本ほど用意、三脚はベルボンの大型と小型x2、計3台。フィルムは、ネガ、リバーサル、135、120、感度はISO3200〜400までを取り混ぜて約40本用意した。その時の空の状態で使い分けるとうか、気分次第かな。

撮影機材:リコーXR−8、全天カメラ、コニカ現場監督、
ニコンF3、同FM2、ペンタ67。
左が従来のマイコールカイロ(完全燃焼)、販売終了。
右が最近のカイロ(中央が燃え残る)


それと、カメラに“着せる”防寒具。カメラ店で¥5000〜6000程度で市販されている物を3台分用意した。カメラは低温になると内蔵電池が消耗したり、稼動部分の油脂の粘度が高くなり動かなくなってしまいます。なので、この中にカイロを忍ばせてカメラを保温する算段です。
カメラ内部の油脂類を粘度の高いものから低いものに交換する“耐寒処理”を施せばいいのでしょうが、帰国してから元に戻す処理をしないと、常温で粘度の低い油脂を入れたままでは金属どうしの摩耗でカメラが壊れてしまうそうです。
カイロ小灰は、通常は片側に着火させますが、温度が極端に低いと消えやすいので両側から着火させると具合がいいようです。これは天体写真家の八板康磨さんから教えていただきました。でも、新しいタイプの小灰はなぜか中央が燃え残ってしまう。それからカイロを使い終わったら灰を取り、開いたままよく乾燥させておくのがポイントだそうです。

2台のカメラに防寒具を“着せ”、3Dステレオ写真の撮影に挑戦! 3Dスライドビュアーを金ノコで
2つに切断し、眼幅調整を可能にした

この紀行文の最初に書きましたが、出発前日に急遽28mmレンズを買いに走ったのは、2台の同じ焦点距離のレンズで3Dステレオ写真を撮ろうと目論んだからです。もちろんオーロラ自体の立体感を撮れるとは思っていませんでしたが、地上の風景を入れることで遠近感が増し、両目で見ることにより臨場感のある絵が撮れると考えたのです。

で、結果は・・・・・、うまく撮れたのもあれば失敗したのもありました。ダメだった原因は、2台のレンズの中心がズレてしまった事、MF28mmレンズ(左側)にフードが無く、防寒具で画面の一部がケラレた。レンズメーカーが違うためか、同じF値にしても現像してみると明るさが微妙に違っていた、等々。リバーサルで撮影したのでフォトCDに焼き付けてそこから貼り付けましょうか。

3Dステレオビュアーはケンコー製、一体型で眼幅調整が出来なかったため、センターの仕切板をわずかにズラし金ノコで切断しました。“簡易蝶番”はガムテープを貼り付けてあるだけです。尚、目レンズを平凸単レンズからアクロマートに変えると、より良く見えるそうです。眼幅がピッタリ合うと頭痛もおこらず、快適な立体画像が楽しめます。

月と池谷−張 彗星 3月17日 20時30分頃
(日本より緯度が高いので見える角度が違う)
夕食の準備のスコットと娘のエミリー(8歳)

今夜も一片の雲さえ見られない澄み切った夜空が待っていた。そこには池谷−張 彗星も見えている。毎晩、素晴らしい環境下で星に会えるなんて“天文屋”にとって言うこと無しだ。もし、あなたが今一緒にいたら「ここに住めたらといいな」そう思うのではないだろうか。

昨日までラバージュ湖上で撮影していたが、今夜は小高い丘の上に移動する。理由は湖上にくらべて気温が5度くらい高く、視界も更にひらけているから。でもカメラ、三脚、その他の荷物を担いで丘の上まで歩くのは辛いし、汗をかくと逆に冷えた時に風邪をひきやすい。
夕食時にスコットにその話を向けたら、
「スノーモービル!」
彼は、何もかもスノーモービルで運んでくれると言う。こういう心遣いがありがたいのだ。

オーロラが出る前に散歩しながら全天カメラで点景を撮ってみました。実は、すでに淡いオーロラが発生していました。中央画像のロッジの上が薄いグリ−ンに染まり始めています。

幻想的な世界(拡大画像48KB 森の中から(拡大画像72KB メインロッジを右手に(拡大画像66KB

そして丘の上で待機していると、0時45分、ついに現れたのです。とてつもない規模のオーロラが!
北東から生まれ、東と西に裾を広げながら成長し、天へ高く伸び始めました。“神”が存在するとしたら、天頂でこのオーロラを操っているかのようです。
「カナダ・ラバージュ湖へようこそ!」
天頂付近のオーロラは赤から緑色へと変化し恐ろしいほどの畏怖を感じさせています。
もはや全天カメラ以外では収まりきれないその大きさに圧倒され、2人共雪上に大の字に寝転がったのです。至福の時でした。

色のグラデーションが素晴らしい(拡大画像38KB オーロラが天頂を超えた(拡大画像44KB

つづく (yasuyuki)


return     next