■カナダ・オーロラ紀行 ラバージュ湖畔(Lake Laberge)(2002/3)


目次>【プロローグ】 【1日目】 【2日目】 【3日目】 【4日目】 【5日目】 【6日目】


【4日目】  Enjoy Your Life
 
3月16日。この日は、スコットがコーチをしているアイスホッケーチームの試合があるというので、私達も一緒にホワイトホースの町へ観戦に行く予定になっていました。昨夜、夜半過ぎから淡く出ていたオーロラと、明け方に昇ってくる夏の濃い天の川まで堪能してからロッジに戻った私は、かなり体力を消耗していた。暖炉を抱きかかえるようにしてもホカロンをあちこち貼り付けても、身体が冷え切ったままなのだ。食欲は全く無かったのですが、英語が苦手なダンナが1人で食事に行くのは不安な様子だったので、ともかくメインロッジに向かいました。

ホワイトホースのスコットの家の裏庭にあるアイスホッケーリンク

スコット率いるアイスホッケーチームには、彼の2人の息子(Alex、Luke)が選手で出場するということで、スコットはウキウキと食事の支度をしていた。私はやはり食欲が無く、食事はパスして熱々のハーブティーをすすりながら、この調子では観戦には行けないと説明しました。

アイスホッケーは今まで見たことが無いし、行きたい気持ちはあるけれど、昼間無理をしてしまうと、今晩のオーロラ観望に全力が出せなくなる。体力の回復を最優先させたいということと、とっても残念で申し訳ないと言うと、スコットは、
「OK、No problem, Enjoy Your Life」と言ってにっこり笑った。

私はこの言葉を聞いて、彼がこの3日間で、私達をかなり理解したのだという事が分かりました。
このツアーでは、ラバージュ湖キャンプ場に滞在する間、犬ゾリツアーやクロスカントリースキー、スノーモービルでの湖上一周やアイスフィッシングなどなど、可能な限りのアクティビティが無料で体験できることになっていた。

私達は日本で事前申し込みをする時に、タッキーニ温泉への日帰りツアーだけは申し込んだものの、他のアクティビティは不要としました。スコットは私達を迎えてくれた初日に、アクティビティは本当に要らないのか、何も希望は無いのかと、何度も確認してきたのです。
無料でできるアクティビティのほとんどを断るなんて、へんな客だと、スコットは思っていたはず。そして、アクティビティ以外の何で、私達を楽しませ、満足させることができるのだろうかと悩んだようです。

「Enjoy Your Life」。何が一番楽しいのか、それは人それぞれによって違うもの。楽しむために何を捨てるのか、それも人それぞれで違っている。お互い、その違いを認めあうことの大切さを感じたこの一言が、私の胸にストーンと落ちて根を張りました。(2002年 星空の音楽会 in 星の里のテーマは、これが決め手でした)

スコットは私達のランチの準備をしてから出かけるつもりでしたが、ロッジには夜食にと持ち帰ったままのピラフがたっぷり残っていた。自分達で適当にやるからいいと言うと、スコットはスープやジュースなどを補充して、アイスホッケーの試合に向かいました。さーて、お隣さんまで10劼藁イ譴討い襪箸い広い湖にダンナと2人きり、ラブラブの世界。というのに私は絶不調。ただひたすら爆睡、午後2時過ぎに目を覚ましたらお腹が空いていたのでピラフを食べ、また眠くなったので爆睡の続きに入り、そのうちに夕方になって、スコットが帰還しました。

ピラフを温めて

日没後、池谷−張彗星の近くにある月は、少し太ってきました。私達は、彗星見物を短時間で切り上げ、今夜のディナータイムを少し長めに取ることにした。スコットが娘のエミリーを連れて来たのです。それから何とアイスホッケーは優勝したということで、スコットは大喜び、楽しい食事になりました。

スコットがLake Laberge湖畔にキャンプ場を開こうと決めたのは4年前だという。ユーコン河でのカヌーツアーのガイドや、キャンプのガイドなどアウトドア関係の観光ガイドなどをしながらお金を貯めて、ハンドメイドでコツコツと施設を作ってきたらしい。メインシーズンは夏で、8月などは休みなしのハードワークが続くそうだ。

冬季は観光客が少ないため、キャンプ場は閉鎖していたのだが、今年からお客を受けてみることにしたらしく、この季節のゲストは私たちで4組目だという。だから冬の観光客に対するガイドをどういった形で提供したら良いか、今後の参考にしたいと私たちの意見を求めてくる。

スコットは、トイレが外にあることやシャワーが無いこと、水が汲み水で節水しなければならないこと、電気や電話もないといった「不便」なところが、観光客にとってはやはりマイナスポイントではないかと心配しているようだ。確かに「不便」よりは「便利」な方がポイントは高いだろう。でもここには、それを補って余りある闇夜と満点の空と静かな世界がある。
「あなたは、ここを誇りに思っていい」とダンナが言うと、彼はとても嬉しそうに頷いた。

今まで行った海外遠征でガイドさんと英語で話すことはと言えば、そのツアーを自分で企画したとしても、時間や場所の確認など事務的な内容が中心だった。

ところが今回、スコットとの会話では私が感じた事や思いを表現する場面がとても多い。数少ない英語のボキャブラリーで、微妙な心の変化や相反する気持ちなどを伝えることの難しさ、でもそれを相手が理解してくれた時の嬉しさを、この旅行で始めて体験しました。

今回のカナダで得たもの、それはオーロラや天の川、大自然の雄大さなど、旅行パンフレットにうたわれている事だけではない、貴重なものとなりました。

「あなた達を見ていて、分かったことがある」スコットは少し真顔になって言いました。

「僕たちがユーコン河でカヌーをしたりキャンプをしながら大自然と向き合い、感じるもの、考える事と、あなた達が星空を見ながら宇宙と向き合い、感じるもの、考える事は同じだということが分かったんだ」と彼は続けた。

私は、思いもかけないスコットのこの言葉に驚いて固まってしまいました。ダンナは私の様子に驚いて、早く通訳して欲しいと目で訴えてきた。うーんと唸りながら、日本語にしていくうちに、私の胸はじーんと熱くなってきました。
「私達が星に対峙している姿を見て、スコットがそんな風に思ってくれたのだとしたら、私はそれをちょっと誇らしい気持ちで嬉しく思う」と、私は英語と日本語で2人に伝えた。
8歳になるエミリーは、ただうんうんと頷き合う3人の大人を、不思議そうな目で眺めていました。


この夜、私はラバージュ湖で東方向から目が離せませんでした。山の稜線に沿って天の川が寝ている。透明度のいい空、暗い地上、確かにコントラストは最高。だとしても、いくら何でもこと座とわし座に挟まれた辺りが明るすぎるのだ。何かが違う。薄雲がかかっているのだろうか? でもそれにしては星がチラついていないし、星くず1つ1つがくっきりしている。
もしかしたら・・・。でも確信はない。

ダンナはフィルム交換と暖を取りに、ロッジに引き上げて行った。私は日周運動で天の川が立ち上がってくるのをひたすら待った。スコットが用意してくれたプロパンガスの強力なストーブのお陰で、この寒さも何とかしのげる。

2時過ぎ、アルタイルが昇ってきた。稜線から離れた天の川。でもアルタイルは白い光の中にある。オーロラだ!。天の川に重なっていたオーロラアーチが、ようやく天の川と離れたのだ。色は白いがかなり明るいオーロラだ。これから動き出すのだろうか、目が離せない。

2時40分、オーロラアーチのあちこちから、細い筋が何本も縦に伸び始め、そのうちの数本が30度〜45度に達した。縦に伸びた筋状オーロラ同士が横につながれば、そのままカーテンになる。私は焦って「出ーたーっ!」と叫んだ。

ロッジのダンナには聞こえたはずだ。でもロッジは静か。返事はない。このまま激しく動き続けてくれればいいけれど、気まぐれなオーロラのこと、一瞬で終わってしまうこともある。私はカメラを放ったらかして、「出たよー」と何度も叫びながらロッジへ走った。とにかく見ることだもの。11年前には見られなかった激しいオーロラダンスがこれから始まるかどうか予測はつかないけれど、要注意状態に入ったことは確かだ。チャンスを逃してはならない。私は暗い雪道に何度も足を取られながら、ダンナを呼びに走った。

つづく (yumi)


return       next