■カナダ・オーロラ紀行('97/02)       


目次>プロローグ 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章 第6章 第7章(完)


第6章:スキーと温泉 カナダ事情


ここフォートスミスでやるべきことを全てやり終え、2月13日の昼過ぎ、ノブと由美はバンクーバーに戻る。このカナダ旅行は、プロローグにも書いたように「オーロラ4晩観望コース」と「オーロラ3晩&スキー1日コース」に分かれている。スキーが大好きな2人は、迷うことなく「スキーもやるコース」を選んだのだった。残留組の6人とマイケルに見送られ、雪冤舞う滑走路から離陸した機内で、頭をオーロラ仕様からスキー仕様に入れ替える。「やりたいことがたくさんあって、いろいろな経験ができた方が幸せよ」と由美の茶道師匠は言ったけれど、それはつまり体力だけが勝負の人生ってことなのだ。


午後6時、バンクーバー空港国内線ターミナルに到着した2人を出迎えてくれたのは、カナダ初日にもお世話になった現地ガイドのタカギさん。向かうは温泉宿“Harrison Hot Springs Resort”。旅の疲れをゆっくり癒して、明日のスキーに備えるつもりなのだ。
「オーロラはいかがでしたか?」とハンドルを握るタガギさん。ガイドさんとしては、やはり一番気になるところだろう。
「もうバッチリです」と、ノブ。3人はひとしきりオーロラの話題で盛り上がる。


「ホテルまで、あとどのくらいですか?」話の流れで由美が何の気なしに聞いた。
「あと2時間くらいですね」とタカギさんがあっさり答えた。

「2時間!」

“バンクーバー郊外のホテル”とは聞いていたけれど、170劼睥イ譴討觜抒阿世覆鵑董ΑΑΑこれがカナダの距離感なのだろうか。絶句して爆睡に入る由美。ノブとタカギさんは年も近い上、大型免許を持っているという共通項を見つけてすっかりうち解け、1日千劼らい平気で走るというカナダのダイナミックな運転事情などなど語り合う。快適なドライブではあったものの、午後8時ともなるとお腹がグーと騒ぎ始め、そわそわと落ち着かなくなったその時、絶妙のタイミングでホテルに到着。手早くチェックインを済ませると、タカギさんは言った。
「実は私、これからバンクーバーにもどらなきゃならなくて・・。明日のスキーはお2人だけでということで・・大丈夫ですよね」


「え?!」

目が点のノブと由美。そっ・・そんなこと・・・聞いてないもん。ツアコンT氏が人数の多い残留組に付き添うのは当然だが、コースが2つに別れる以上、スキーコースにはタカギさんが付き添ってくれるものだとばかり信じていたのだ。
「英語の方は?」とタカギさん。

自慢じゃないけど中学程度の英語力というノブ。由美だって英検2級を取ったのは・・・そんなに昔じゃあないと言いたいところだが・・・ン十年前なんだもん。そんな2人だけで見知らぬ異国のスキー場まで行ってスキーをしろというの?


「私、この仕事をして随分沢山のお客さんを見て来ましたが、大きく2つのタイプに分かれるんですよね。海外へ来たというそれだけで緊張してしまって、何もかも、ともかく付き添っていないと不安な方と、ちょっとやそっとの失敗など恐れずに、ご自分で行動しようとする方と。お話ししていてすぐ判ったんですよ、お二人なら放っておいても大丈夫なタイプだと」


うっ・・・誉められているのかけなされているのか、複雑な表情のノブと由美を残し、タカギさんは今来たばかりの道を、まっしぐらに帰って行った。
仕方がない、ともかく部屋に入ろう。由美がスーツケースを開け、着替えを済ませたところへ、ノブからの内線電話が鳴った。
「夕飯、どうします?」
タカギさんに放ったらかされたショックで、食事のことまで頭が回らなかったのだが、お腹はグーと言っている。
「ルームサービスでも頼まない? これからディナー用の服に着替えて出る元気はないよ」というと、
「うん、俺も」とノブ。
ともかく一緒に食べようという事になり、由美はノブの部屋へ出向いてルームサービスにダイヤルした。身振り手振りが効かない電話での英会話。大っ嫌いなんだけれど、背に腹はかえられない。ともかく食べたいものを羅列すると、「OK、Thank you」と言って電話は切れた。


20分後、2人は温かいポタージュやミネストローネスープ、BLTサンドとハンバーガー、山盛りのフライドポテトとフレッシュサラダなど、想像をはるかに越えたボリュームのディナーにありつくことができた。

翌日、元気な朝を迎え、タカギさんがホテルのフロントに手配を頼んでおいてくれたタクシーで、ヘムロックスキー場に到着。地元の小学生集団に混ざってスキー用具一式をレンタルした後、ノブがリフト券売場で買ってきたのは、「VALENTINES!! $20」と印字されたシールと、三角に曲がったハリガネ。どうやらシールが1日券で、スキーウエアのファスナーにでもハリガネを引っかけてからシールを貼るようなシステムらしい。滑っているうちにシールが千切れたらどうするんだろう?と思ったが、今日はバレンタインデーだし、2000円もしない1日券、細かいこと言わないで滑ろう滑ろうとなった。


人のいないリフト乗り場でふと気づく。なんか、降ってるみたい。ううぅん、雪じゃないのよ、雨なのよ。だいたい気温は0度という暖かさ。そう、マイナス28度の世界で雪原を転がってきたノブと由美の体は、既に寒冷地仕様になってしまっているのだ。とはいえリフトを下りるとさすがに雪であった。

ヘムロックスキー場 ガイド


ゲレンデはがらがらである。当然、人の滑った跡は少ない。そして、どこも圧雪していないのだ。つまり昨日降った40センチの雪が新雪のままふんわりとそこにある。
「行くぞー!!!」とノブが勢いよく滑り出す。
コテッ。
芸のない転び型である。よろよろっと直滑ったかと思ったら、ターンの真似事をするまもなく粉雪にまみれている。
では行くか、と由美もターンを試みるが・・・。エッジをきかせるなんてレベルではなく、片足に荷重移動しただけで新雪に板が埋もれてバランスを崩し、コテッ。


むむむむむむむ。どうやって滑ったらいいの? 頭をジャパニーズスキー仕様からカナデイアンスキー仕様に切り替えなければ、滑れないようである。由美が昔、志賀のスキースクールで1度教えられた新雪滑りの方法をを思いだそうと四苦八苦していた時、ノブが大破した。よく見るとノブの人型がついた場所から、一筋のきれいなラインが・・・。
「板が流れた」ノブがぼそっという。


!!!え〜〜〜!!!
ここの新雪はとにかくカナデイアンである。さらさらのパウダースノーで板1本など、ほとんど抵抗しない。つまり、果てしなく流れていくのである。やばいかもしれない。この辺りはだれも滑っていないから、人に当たってけがをさせる心配はないけれど、崖の底まで落ちた可能性が・・・。

美しい1本のラインを、ごまかしボーゲン直滑降でひたすら追って行くと・・・。新雪の中に切り株が・・・、ラッキーな事にラインはまっすぐそこに向かっている。あったあった、切り株に引っかかっている。ホッと、一安心の2人であった。


やさしくやさしく。足の裏すべてに神経を集中させる。積もったままの新雪だから、当然むらがある。それを素早く感知し、重心や荷重を移動させるのだ。決して前傾してはいけない。板が果てしなく埋もれてしまうのだ。片足に乗り切る間が無いため、力を抜く瞬間もない。だからやたらと疲れる。午前中だけで腿がばりばりの筋肉痛になってしまった。これがカナデイアン・スキーである。

その後もノブがやたらと板をはずすので、ビンディングの調整のついでに休憩することになった。レストハウスの階段で、足を持ち上げる腿が重い。日本のゲレンデで、丸1日滑りまくった後のような重さである。体全体はそこそこ元気なので、やたら腿だけ感じてしまう。ノブも由美も、初めて体験するスポーツのような感じである。
 

「参ったね」
「これがスキーってもんなんだね」
「日本のゲレンデって、遊園地みたいなもんだよね」
「こんな天然ゲレンデで、小さいときから鍛えられてるスキーヤーとじゃ、勝負にならないよなー」
「なんか、日本のスキー場で滑る気なくなっちゃったよねー」

これが、初めての海外スキーの感想である。美しい滑降フォームなど初っ端から頭にない。変化して止まない雪面を的確に捉えて瞬時に滑りを変える。いかに速く滑るかが全てというカナディアンスキーは、2人のスキー観を根底から覆したのであった。


午後4時、行きに送ってくれたタクシーの運ちゃんが約束通りに迎えに来てくれ、ホテルに戻る。やはり重いディナーは気が引けるので、ホテル1Fのコーヒーショップで軽い食事を取った後、水着に着替えて待ちに待った温泉だ。昨日は疲れ果てていて、ルームサービスの後にすぐ寝てしまったんだもん。
ホテルの中庭にある露天温泉プールからは、うっすらと湯気が登っていた。まず手を浸けてみる。???ぬるい。体温と同じくらいである。大気中の温度は0度近い。1度プールに入ったら、寒くて外に出られない状況に陥ってしまった。
と、ぽちぽち雨が落ちて来るではないか。ノブと由美は暫く思案に暮れたが、思い切って室内プールまで走ることにした。

しかし、室内プールの温泉もかなり冷えている。やっとの思いで飛び込んだのに、このままでは風邪をひいてしまう。しかもプールは片側が深く、ノブでも足がつかない。慌てて回った反対側の浅い方でも、由美の背では水面からやっと首を出している感じである。泳げない由美にとっては、恐怖のプールでしかない。おろおろと辺りを見回すと、ジャグジーが目に飛び込んできた。

ジャグジーは大当たりだった。これぞ温泉!という暖かさと、ゆったり座れる深さが心地よい。ぬくぬくと浸かっていると、何やら張り紙がしてある。「15分以上入っていてはいけません」とある。どうやら特殊な超音波か何かを出している温泉のようだ。“オーロラもう1泊組”の到着予定時刻も近づき、2人は後ろ髪を引かれながら部屋に戻るのだった。泣いても笑っても、カナダ最後の夜である。2班合流しての大宴会が始まろうとしていた。

(yumi)


      ●戻る      ▲次へ