■カナダ・オーロラ紀行('97/02)       


目次>プロローグ 第1章 第2章 第3章 第4章 第5章  第6章 第7章(完)


第3章:撮影・第1夜

ベランダに出ると、月は西に傾いている。天頂には白いスジ・・・。静かではあるが、オーロラである。「これがオーロラ!!!」と、6人が大騒ぎを始める。
しかし、ヒロシと由美はしらけている。こんなんじゃないのだ。もっともっとダンスしてくれなければ・・・。とにかく外灯の光が邪魔で、ここでは写真は撮れない。観望するにしても、暗いところならば淡いオーロラの光だって細かいところまで見えるのに・・・。マイペースB型の典型であるヒロシと由美が珍しく一丸となって騒ぎ、さっき下見をしておいたポイントCまで移動することになった。天気はどこも良さそうだが、ポイントBは風が強いのが難点なのでパスし、ポイントAより視界のいいポイントCが選択された。

あたふたと支度を調え、いざいざいざ。
凍結した川辺に立つと、西から立ち昇るようなオーロラがゆらゆらとダンスしている。


ウオッ”“ヒョエー”“ワッ!ワワワワッ”“アッ・・ララララ”“ひやぁー!”“うわっ、うわうわっ”初体験6人組の大歓声。よしよし、これこれ・・・。由美が満足し、写真の構図を決めているうちに、ヒロシのカメラからはシャッターの音がする。むむむ・・・、さすがヒロシ。シャッターチャンスは逃がさない。負けじと由美もシャッターを切った。と、今度は東の空に素早いオーロラダンス。んー・・・未だ西のダンスも続いてるのに・・・。

冷静に冷静に。由美は自分に言い聞かせる。レンズチェック、フォーカスチェック、バルブチェック、・・・。OK。ん? レリーズがおかしい。
−28度の影響が、もう出たのだろうか? 不安になる。フィルムの巻き上げはゆっくり、やさしく。下手をすると、寒さで硬化し、切れてしまうこともあるのだ。何しろ顔が痛い。融けない氷を頬に押しつけられている感じだ。フィルムだってバリバリになるだろう。


冷静に冷静に。これだけ凄いオーロラだもの、失敗は許されない。由美の気合いを感じたのか、観望派6人は近寄っても来ない。
構図を変えようとカメラに手を触れると、ぺたんぺたんとくっつくような感触。やばい、手袋をするのを忘れていた。冷静に冷静にと心の中で繰り返してもこれである。リュックの中をがさごそ探していると、テロリスト有希江が近寄ってきた。

「手、冷たいんじゃない? ホカロンあるわよ」
明美と早苗も寄ってきて、「何か手伝えることありますか?」と聞いてくれる。
みんなの気遣いと、期待がビシバシ伝わって、いつにないプレッシャーを感じる。

冷静に冷静に。


「うお〜〜〜っ!!!」 N氏、T氏、ノブが突然ハモる。
見上げれば、全天を揺るがすオーロラダンスが始まっている。慌ててカメラを構えるが、28ミリレンズでも入り切らない。
「シュー、シュパパパパ、ヒュルルル、サーッって感じ。すっごい早いっすね。こんなにあっちもこっちもじゃ、魚眼レンズがいるよなー」
ノブが興奮して由美に近づいてくる。ノブも写真に挑戦していたのだが、どうしたのだろう? 確かニコンNew FM2に28弌複藤旺F2.8)でフィルムはフジのG1600だと言っていたのだが・・・。

「写真は?」と由美が聞くと
「ファインダー、曇らない?」とノブ。
「全然。レンズだって曇ってないよ・・・。」
「レンズの方はだいじょぶなんだけど、ファインダーが曇っちゃってさあ・・・」
「もしかして、構図決めたりするとき、息してる?」
「息!」
「当然でしょ。ファインダー覗くときは息止めなきゃ、自分の息で曇るわよ」
「・・・・そこまでするのか・・・!!!」ノブは絶句して自分の陣地に戻って行った。


息だけではない、有希江のようなテロリスト帽を被れば、顔から自然に蒸発する僅かな水分が帽子の中に篭り、開いている目や鼻、口の3カ所からまとまって放出される。そんな状態でカメラのファインダーなんか覗いたら・・・。写真班は、決して”テロリスト”にはなれないのである。

カメラ2台ともフィルムを1本づつ撮り終え、由美は少し落ちついてきた。フィルム交換のため、車に戻る。
冷静に冷静に。エンジンは切ってあるが、外に比べれば車内は暖かい。ゆっくりとブローニーフィルムフィルムを巻き上げ、交換する。問題は35ミリの巻き戻しである。35ミリフィルムの場合は、カメラの”ツメ”に引っかけるようにパーフォレーションという穴が上下に開いているため、その部分がどうしても弱い。−28度に耐えてくれるだろうか。


冷静に冷静に。丁寧に巻き戻し始める。いつもとは違う抵抗が指先に伝わる。外では相変わらず、オーロラの花があちらこちらと咲き誇っている。早く見たい!撮りたい!と、はやる気持ちをなだめつつ、巻き戻しレバーを回してゆく。最後の、いわゆる”べろ”が、パリンといってパトローネに収まった。どうやら無事のようである。ほっとして次の撮影に入る。

冷静に冷静に。チェックチェックチェック。


オーロラダンスは止まる事を知らぬように絶え間なく続く。由美がアラスカで見たものとは、スケールも明るさも断然違う。来て良かった。ようやく嬉しさが実感できる。

由美が2回目の撮影を終えた時、みんなの寒さが限界に達したのか、一旦シャーレに戻ることになった。気がつくと手袋をし忘れたままの指先は、ほとんど感覚を失っていた。
1回目と同様、フィルムを車内で慎重に慎重に巻き戻す。上手くいったと思ったがフィルムの”べろ”部分がちぎれて、FM2の中に残っていた。すでにカメラも限界だったのである。


シャーレにもどり、息をつく8人にマイケルが熱い紅茶をいれてくれた。−28度の世界から急に暖かい部屋に入れたため、カメラのレンズにびしょびしょに露がついてしまった。頭も体もまだ解凍されていない由美は呆然としている。みんなが心配そうにのぞき込み
「なんかで拭いた方がいいんじゃない? 乾かす? そういえば洗面台の横にドライヤーがあったよ」話すが速いか、N氏が持ち出して来てくれた。

レンズをひとまずドライヤーで乾かし、水滴の跡を消すため、リュックからレンズクリーナーを取り出すと・・・、絶句する由美。
「こ! 凍ってる!!」
ガクッと力が抜けたところに、ノブが
「ありますよ。俺のは、この部屋に置いといたから、使えるはずだ」
みんなの協力態勢に、レンズとともに復活した由美であった。


その間にも、N氏はテンション高く、オーロラの見張りに外とシャーレを行きつ戻りつ忙しい。彼が「結構いいの出てるよ」というと、みんながベランダに直行する。N氏が「出てはいるけど色はないし動きはないし、つまんないよ。これぐらいじゃ、みんなで見ることないさ」と言えば、皆、安心して身体を休めていられた。この、10分おきにオーロラの状況を分析するN氏のパワフルな姿に、全員一致で「オーロラ評論家」と命名したのは当然のことだった。


「すっごーいのが出た! 速いのが!! とにかく外へ出て!」と、オーロラ評論家N氏が駆け込んで来た。
慌ててベランダに出ると・・・、強烈に明るいオーロラが、鋭いスジをストーン、ストーンと何本も縦に落としたかと思うと、それぞれのスジから横にサーッとベールを広げ、ぐっと明るさを移すと、NHKのハイビジョン放送のようなカーテン状の美しいオーロラに変身した。その間数秒。

これは撮れないかもしれない。でも、やるだけのことはやってみなければ・・・。由美はシャーレにとって返し、復活させたカメラをベランダに据える。みんなの大騒ぎで、ベランダ自体も揺れるが、そんなことに構ってはいられない。ほとんど無意識のうちに1秒から3秒程度でシャッターを切り続ける
シャッターを切りつつも、1秒露出でオーロラの形が変わってしまうのが、実感できる。べたべたにダブってるだろうな。でも、迫力は出せるかも知れない。

と、天頂から四方八方に傘を広げたようなオーロラが出現した。これこそ全天カメラが必要である。微かだがピンク色がかった部分もある。こんなのって、太陽活動の最盛期に出るオーロラのタイプじゃないの?と、焦りまくりながらも、シャッターを切り続ける由美であった。


一連のショーが終わり、いくらか静かになったのでシャーレに入る。みんな満足感に浸っている。と、またまたN氏が飛び込んできた。
「さっきより動きはないんだけどさー、派手な色がついてるんだよねー」
ばたばたどやどや。みんな疲れててはいるが、体が動いてしまう。
“うぉわー” ホントにカラフルである。
右の端から中央にかけて、淡いけれど虹色に見える。由美はまたまたベランダにカメラを持ち出す。動きが多少遅いため、撮影は楽である。うまく色を写し込めるといいな。


そんなこんなで、あっと言う間に時間が過ぎ、いよいよヘールボップ彗星の昇ってくる時間である。午前3時、支度を整えポイントCへ急ぐ。が、下からもやが上がってきて、見えそうもない。大急ぎでポイントAに移動。ポイントCよりはましだが、昇ってきたHBはもやとオーロラに邪魔されて、弱々しく見える。それでも由美はシャッターを切る。“オーロラとヘールボップ彗星”は、今回の遠征の大演目なのだ。明日、明後日も晴れるという保証はないわけで、少しでも可能性があるならば、トライするのみである。
「オーロラが邪魔なのよね。そんな地平線までかからなくったって・・・」贅沢な悲鳴である。


午前4時を過ぎ、もやが上がってきた。全天もやっているようである。目の水分がまつげを凍らせ、瞬きする度にぺたぺたとすいついている。由美はフィルム交換しようと、車にもどりヘッドランプをつけるが、やけに手元が暗い。ホテルを出る前に新品乾電池を入れたというのに、もうバッテリー切れのようである。寒さで一時的なダウンかもしれないが。
みんなの体も限界に達し、引き上げることになった。車のシートに深く腰を埋める由美。我に返ると、とめどなく鼻水が流れている。間髪入れずテロリスト有希江がテイッシュを差し出す。応援態勢は続いていた。


顔の痛みもわからないほど、ぼろぼろに疲れてホテルに帰る。すぐに寝たいが、芯まで冷え切った身体のままでは眠りにつけないだろう。由美はバスルームに直行し、蛇口を全開にする。熱い湯がバスタブにたまる間に、撮影済みフィルムに日付と番号をふっておく。すべてがオーロラの写真である。データとマッチングさせるには、最低これだけはやっておかねばならない。

さあ、バスルームが呼んでいる。由美はバスタブに深く身を沈め、ただひたすら暖まるのだった。じわじわと神経がよみがえってくる。湯船のなかで手を広げると、指の指紋が消えかかっている。先に思考回路はオフにしよう。今朝はゆっくり休むのだ。ステキな一夜だったこと、今はそれだけでいい。

    (yumi)


●戻る      ▲次へ