■アラスカ・オーロラ紀行(2001/3)             


目次>【プロローグ】 【1】 【2】 【3】


■3.観測トラブル特集、そして・・・

今回も沢山のトラブルに見舞われました。

カメラ故障・・・・FM−2は2日目にしてシャッター幕が閉じなくなり、以降、使用不能に。 ペンタ6x7はダブルケーブルレリーズが凍結。シャッターが下りず、閉じず、ミラーアップしたまま固まり・・・と肝心な所で動かず。 桐灰カイロを巻きつけていたのですが、あまり役には立たなかったようです。カイロの保温性を高めるためには、カメラを何かしらで覆う必要があるようです。

レンズの結露・・風が強く、雪面から雪を吹き上げたためにレンズが結露した。またフィルム交換のために待機小屋にカメラを持ち込んだ途端に露がついてしまい、暫く使用できず。
カメラ同様、レンズもカチンカチンに凍ってしまった事が敗因です。“機材の保温”は大きな課題として残りました。

フィルム切断・・初日のFM−2で、フィルム巻き上げ時にカメラ内部でフィルムが切れてしまい、しかもそれに気づかずに撮影を続けた。せっかくのシャッターチャンスを逃してしまった。 これまた保温の問題です。35个両豺隋▲侫ルム巻き戻しにも大きな危険がつきまといます。できれば室内で、カメラを常温に戻した後で巻き戻しを行いたい。カメラごと交換して撮影を続けることは容易ですが、三脚から外したカメラを安心して常温に戻せる環境(盗難などの不安もなく、人に蹴飛ばされたりする心配のない場所)を確保することは、一般オーロラツアーの中では結構難しい事です。

ナイトツアーへの不満・・・基本的には宿泊ホテルからバスに乗り込み、撮影に適した場所まで移動する、つまり現地でのジプシー観測となったこと。このため撮影時間が22時から2時までと区切られてしまい、「これから!」って時にホテルに帰らなければならなかった。天文屋としては、空のご機嫌を伺いながら、徹夜してでも待機したいもの。自由が利かない一般ツアーには、欲求不満になってしまいました。でも実際のところ、マイナス30度の中で夜明けまでジプシー観測する事は、体力的に不可能とも言えます。

結果としては、タルキートナのホテルの庭先で爆発的なコロナ型オーロラに遭遇できたので、「観望」という点では大満足だったのですが、その瞬間を撮影することができずに終わったことは悔やまれてなりません。それにホテルの建物によって視界が遮られていたこと、ホテルの照明が明るかったことなど、条件は決して良くなかったのです。もしも同じオーロラを、360度視界の開けた、光害のない場所で見ることができたら・・・それはそれは、気絶する程ショッキングな光景だったことでしょう。 

目の当たりにした感動をどうしたら正確に表現できるのか、言葉を探しているうちに1年が経ってしまいました。百聞は一見にしかず、同じ天文屋としてダンナにも現物を見せるしかないと思った私は、言葉巧みにお小遣いを積立てさせて旅行費用を捻出し、2002年3月、夫婦水入らずで(?)カナダへと出発したのです。太陽活動期を考えたら、多分今年はラストチャンス。次の活動期、11年後には体力・気力・経済力がどうなっていることやらと思うと、”今しかない!”という気持ちでした。

さて、オーロラは見えたか?・・・見えたんです。4晩連続、大スケール、天然カラー・・・そして予想もしていなかった満天★、極めつけは「池谷−張彗星」の勇姿!

詳しくは「カナダ・オーロラ紀行 2」でレポートします。これまで体験した数々の失敗や思い違いを踏み台にして、課題の克服に挑んだ旅になりました。どうぞお楽しみに。

 (yumi)

●戻る