■アラスカ・オーロラ紀行(2001/3)             


目次>【プロローグ】【1】【2】 【3】


■1.目撃!コロナ型オーロラ

予感はありませんでした。

あまりに静かなオーロラは、夜半前から何時間もの間、北西から東へぼーっと白いアーチを低くかけているだけでした。
タルキートナのホテルからマッキンリー山を望む庭では、北方向から飛行場のサーチライトが夜通し回り、オーロラにしろ星にしろ、写真撮影には難しい状況だった。待機していたツアーメンバーも1人、2人と部屋に帰っていく。
「太陽フレアの状況からすると、今晩がチャンス」と言っていた八板先生も、広げた機材の撤収にかかっている。


「天文屋は、空が晴れているうちは寝ないもんでしょ」と、プレッシャーをかける私。このツアーを企画し、オーロラ撮影の講師でもある八板先生が、まさかこの夜中にベッドに潜り込もうなんて、有り得ないと思ったのだ。


「だって眠いもん」と、彼はフツーの人の振りをしてあっさり引き上げて行った。午前2時半には最後の1人も、おやすみなさいを言って帰って行きました。


何故私は残ったのか、特別な理由があったわけではない。
久しぶりの満天星だった。透明度、シーイングともに嬉しくなってしまう星空。カシオペア座はゆっくりと周極し、高度30度くらいの位置で北中しようかという時間。天文屋としては、ただ星空を眺めているだけで幸せtな気分だった。体調もいい、空もいい、ガラス張りのホテルメインロビーには、フロント係が夜通しスタンバイしていて、女1人でも危険はない。これだけの条件が揃っているのに、部屋に帰るのは余りに勿体なかった。

シャッターの上部が閉じなくなったNewFM2

午前3時半過ぎ。頬にあたる風が冷たく感じられ、身体が冷えてきた。ロビーに入り、暖炉の前のソファに腰を下ろす。水筒に入れてきた温かいココアで身体の芯を暖める。


一昨日、マイナス28度の中で撮影中にトラブルを起こしたニコンFM2をリュックから取り出し、祈るような気持ちで裏蓋を開ける。ああ、やっぱりシャッター幕の一部が閉じないまま、にっちもさっちも行かない。


28丱譽鵐困嚢視野を狙おうという算段は、これで露と消えた。残る機材はペンタックスの6x7だけだ。標準レンズでどの程度のオーロラを再現できるかなあ・・・FM2の故障は、片腕をもぎ取られたようなものだ。


3時45分、ガラス越しにオーロラをチェック。動きなし。やっぱり今夜はだめかー。


4時。
薄明は何時からだったかしらと、気になりながらオーロラを再チェック。それまで、ほとんど低空にかかったまま動かなかったオーロラの基本アーチが、わずかだが高く上がってきている。緑色にフチどられた白いアーチがカシオペア座を通過する勢いに、慌てて6x7と三脚を抱え、外へ持ち出した。
オーロラアーチの下には、小さなカーテン状オーロラが3つ、4つと並んでゆっくり広がっていた。


やっぱりサーチライトが気になる。でもひとまずシャッターを切るか。この後どうなるか予想がつかないけれど、万が一のブレイクに備え、カメラやレリーズが凍ってしまわないように、1コマ撮るごとにシートを被せて、カメラの裏蓋にストッキングで巻きつけたカイロの保温力を高める。昨日、一昨日の撮影時には、6x7もトラブルを起こしたのだ。ダブルケーブルレリーズが凍ってしまって動かなくなり、カメラの巻き上げレバーの調子もおかしくなり、ダンスするオーロラの下で、焦った私はパニックに陥ってしまった。あの二の舞だけは避けたい。


北西のアーチの根元から天頂近くに向かって、1本の白い筋がすぅーっと伸びて行く。アーチの下に広がっていたカーテンは、赤黒く紫がかり、青っぽく色づいてきた。上に伸びていった白いオーロラは、縄のようにねじれ始めると同時に、明るさを増していく。


「もっともっと」私は心の中で祈った。


カーテンは、高度60度余りに達する北極星の辺りでもはためき始めた。もうサーチライトは気にならない。ブローニーフィルム1本をすぐに撮り終え、焦りながらフィルム交換。6x7を三脚にセットし直した時、大ブレイクが始まった。


天頂から北方向へ、小さな扇がパタパタと広げられ、何本もの細い筋が明るくピンクにゆらめく。ほんの2〜3度南へずれた所から、同じ様な扇が開き、細い筋は重なり合いながらも、繊細な構造で黄色みがかった真珠色に輝く。
と、今度は天頂から南方向に扇が広がり、丸くつながってコロナ型オーロラになった。


「これが・・コロナ・・・これがコロナ型オーロラ!」


それはまさに皆既日食で見るコロナそのものだった。内部コロナを双眼鏡で眺めると、細かな筋が真珠色に輝く。それと同じ現象が、今天頂で起きている。私は足が震えるのを感じた。膝がふるえ、腿がふるえる。こんな体験は2度目だ。
1988年、小笠原沖で初めて皆既日食を見た瞬間・・・私の身体はその瞬間にタイムスリップした。

降り注ぐオーロラ(拡大画像)


南側に開いた扇から伸びたコロナの1筋1筋が、ザーッとホテルの屋根に向かって降って行った。北側のコロナもストーンストーンと軌跡を描いてマッキンリー山に降り注ぐ。空がパーッと明るくなり、コロナの光に包まれた私は、自由雲台のクランプを握りしめたまま固まってしまった。
最初に扇が開いてから、空全体にコロナの雨が降り注ぐまで10秒もなかった。


「お願い、レリーズ、凍らないで」
私は全身の震えが止まらないまま、何とかファインダーをのぞき、祈るような気持ちでシャッターを切った。焦らない、焦らない・・・ダブルケーブルレリーズにカイロをあて、ご機嫌を伺いながら1コマ1コマを大事に撮影する。昨日の二の舞だけはゴメンだ。


何のトラブルも無く最後のコマを取り終えた時、私は三脚につけたままの6x7を
「ありがとう、よく頑張ってくれたね」と抱きしめた。こんなにカメラを愛おしいと思った事はない。カメラや望遠鏡を我が子のように慈しむダンナの気持ちが、少しだけ分かった気がした。


6x7にシートを被せてから空を眺めると、まだまだオーロラの華麗なショーが続いていた。天頂のコロナは消えていたけれど、そこかしこでカーテンが広がり、ゆらゆらと形を変えている。赤紫、緑、黄色・・・。肉眼でもはっきりと色合いがわかる。


「やったー」
私は両手を天に突き出し、飛び上がってガッツポーズを取った。嬉しいと言う気持ちが、この時になってやっと沸き上がってきた。

暖炉とソファ

「もう1度、お願い」と、天頂を見つめたけれど、血の気の引いたような暗黒の中に、北斗七星がいつもの顔をして並んでいるだけだった。カーテン状オーロラはゆっくりと、でも確実に収束に向かっている。


気が付くと既に薄明が始まっていた。基本型アーチに戻ったオーロラは虹色に染まり、熱が冷めて行くのをじっと待っている様子だ。振り向けば、ホテルの屋根から夏の大三角が顔をのぞかせている。マイナス20度を超える寒さの中で見る夏の代表星座達は、この夜のショーの終わりを告げているかのようだった。

名残惜しいけれど、タイムアップでは仕方ない。頑張ってくれた6x7を抱え、ロビーに入る。頭の中では、あの強烈なコロナ型オーロラが途切れることなく再現され、何も考える事ができない。足は震えたまま、ソファに沈み込み、呆然と暖炉の火を眺めるだけだった。


レストランを掃除していた背の高いお兄さんが飄々と近づいてくると、暖炉の金網をずらし、大きな薪をドンとくべた。ちらっと私を見やって
「Good mornig」と小さくつぶやき、サッサと持ち場へ戻って行った。
そういえば、私1人、星空を眺めつつ待機していた時から、何となく気にかけていた様子だったなあ。彼がくべた薪に火が移り、炎が高く上がるにつれ、呆然としていた私の意識が、徐々に戻ってくると同時に足の震えが収まって行った。


常温に戻った6x7から、大事なフィルムを慎重に取り出す。データ用紙に、今見た大事件を出来る限り書き出す。外はもう明るい。このまま朝日を迎えることにしようか。素晴らしい一夜をプレゼントしてくれた夜空に感謝しながら。

つづく (yumi)


●戻る          ▲次へ