【星まつり関連ニュース!!!】

「星の里 日記(きらら庵編)【24】」でお知らせした“星祭りをテーマにした演劇”
「北極星から17つ先」
を見て来ました。
楽しい! 面白い! 大当たり! というのが感想です。
「きらら庵」が感じている星祭りの“核”のようなモノを、しっかり捉えて書かれた脚本は、お見事!詳しいご報告は「星の里日記(きらら庵編)【25】」を御覧下さい。

★ 第9回 原村星まつり 会場レポート ★

更新日時 : 8/25 09h45m              トップページ        原村星まつり写真集へ

★☆★ お祭り屋【きらら庵からのお礼 ★☆★
8/2(金)から8/4(日)に、長野県は原村「八ヶ岳自然文化園」にて
第9回原村星まつりが開催されました。
スタッフが手薄で大ピーンチだった今年、心強い助っ人の皆さん
のお陰で、賑やかに楽しく盛り上がることができました。

そしてきらら庵ブースまで遊びに来てくださった沢山の方々、
本当にありがとうございました。
【祭り初日】
8月2日(金)、朝9時半に浦和を出発。予定では早朝に出るはずでしたが、前夜の落雷でJR武蔵野線がストップ。お陰でダンナが朝帰りとなってしまい、バタバタと荷物を詰め込んでこの時間になってしまいました。波乱含みの幕開けです。

途中、上信越道の渋滞にハマり、ひょんな忘れ物(サンダル履きで出たのはいいにしても、夜、冷えてきた時のためにと別に持ってくるつもりだった運動靴を乗せ忘れたんです)で靴屋を探し回り・・・かなり時間をロスしながら祭り会場に到着したのは、アクアマリンのオープニングコンサートが終わった16時過ぎでした。「きらら庵」ブースの前で待ちかまえていてくれたのは、「助っ人大募集」に応じて下さったO坂さんとKAZさん、そして早朝に到着していたスタッフ・ノダッチと期待の新人スタッフ・サトミちゃん。みんな一斉に荷物をレガシーから下ろしてブースに運んでくれる、そのスピードたるや目を見張るほど。あっと言う間に野点会場の出来上がりでした。

初日の金曜日とは思えないほど、今年は人出が多い。野点衣装の浴衣に着替える間もなく、「お抹茶くださーい」とお客様が続きます。祭り初体験のサトミちゃんに研修する暇もなく、いきなり本番に突入。お菓子を出して〜お茶を点てて〜と、大忙しでした。

そんな所へTカハシのO田さんが両手に抹茶茶碗を持って登場です。知り合いの人が絵付けをしたという、その茶碗をよく見ると、濃紺の地に白い渦巻きが・・何と!渦巻き銀河を上から見た図柄ではありませんか。

銀河茶碗」で一服 お干菓子アラカルト、涼しげなウチワが一番人気!

「これ、My 茶碗。星祭り用にキープしとくから、石川町の星祭りが終わったら返して」と、あくまで貸し出し茶碗であることを強調し、初おろしの「銀河茶碗」で一服飲んだO田さんは、満足げに戻って行きました。

去年の石川町星祭りで大野裕明さんに一服差し上げた時、「星をデザインした茶碗を自作すれば?」とアドバイスされたんです。できればいいなーと思いながら1年近くが過ぎ、そんな話も忘れかけた今になって、事情はともあれ、大野さんが提案した通りの茶碗が私の手元に舞い込みました。
何は無くとも人のつながり。「きらら庵」は、やっぱり人で保っているんですね。

O田さんからお借りした“銀河茶碗” 茶碗の中にも渦巻き・・左には大マゼランも?

ホッと一息ついた所へ「鏡割り〜」のアナウンスが聞こえてきました。グッドタイミング!と、ノダッチ&サトミちゃんを誘ってスキップスキップらんらんらんで本部テントへ駆けつけました。もちろんマイカップ持参です。樽の香りがほんのりと、お祝い酒はいつも美味しいですね。

暗くなってからもお客さんは途切れません。ブースを放ったらかすわけにもいかず、大研修室で始まった小ゑん師匠の落語は、取材にさえ行くことができませんでした。残念。
でも21時からステージで始まった2回目のアクアマリン・コンサートは、ブースでしっかり堪能しました。そう言えば、ニューアルバムをリリースしたんですよね。買いそびれてしまった。9月の清里星祭りでは忘れずにゲットしましょう。
美味しいジャンボシュークリーム、
この大きさで1個なのよ! \1400-


日付変更線を超える直前、石川町から青柳さんが到着。いきなり差し出されたのはジャンボシュークリームでした。口径・・じゃなかった、直径25僂曚匹發△襯バケシュークリームの話は、去年の石川町星祭りで噂に聞いたんです。つい「見たい!食べたい!」と騒いでしまったのを、青柳さんは忘れていませんでした。ドライアイスでしっかり保冷されたシュークリームは、今はやりの「外の皮が硬めで中がふわふわ」タイプの甘〜い美味しいもので生クリームとカスタードクリームがたっぷり。9人がかりで真夜中の味見となりました。


シュークリームを頬張っている所へ、運び屋スタッフ・ノブがミユキちゃんと元ちゃんを乗せて到着。明日も仕事のあるノブは、シュークリームを完食してから東京へとんぼ帰りして行きました。タフなスタッフです。


【祭り2日目】
朝7時。本部から流れてきた編曲ラジオ体操に起こされました。今日こそはと浴衣に着替えてスタンバイOK。既に会場を散策する人もあり、出足は早いようです。昨日、O田さんから預かった「銀河茶碗」は大人気。「珍しい」「星まつりにピッタリ」と、いつにも増して会話がはずみます。
今年の傾向は、お客さんがまとまってみえること。4、5人でご一緒にとか、2,3人で連れだった方が一服していると、通りかかった別のグループも一服・・と、大忙しの嬉しい悲鳴を上げました。新スタッフ・サトミちゃんもお菓子の出し方には大分慣れたようです。次回はお抹茶を点てることにも挑戦ね。

デジカメを持ち出して会場内の取材に一回りした後、ブースに戻るとハマちゃんがお店を広げていました。去年、「きらら庵」ブースの隅っこで、スターウォーズなどのフィギアコレクションを並べて独自の世界を展開したハマちゃんが、今年は更にバーションアップして堂々の登場です。
やりたい人がやりたいことをして遊ぶ」のが「きらら庵」の祭りコンセプト。そこの所をバッチリつかんだハマちゃんは、売り子がすっかりイタについていました。

でも、今年は更に凄い人材が現れたのです。
去年、お客さんとしてハマちゃんワールドに引きずり込まれ・・?・・自らハマりこみ、「来年は僕もお店をやりたい!」と宣言して帰ったアキノリ君が、ハマちゃんとはまたちょっと違ったフィギュアたちを持参して、さあさあ、「アキノリ コレクション」の店開きです。

ハマちゃん(諏訪市)とアキノリ君(彦根市) “商売上手”の小学1年生、手良村 知功(アキノリ)君

「いらっしゃーい! 見てってくださーい! 買ってくださーい!」と、威勢のいい呼び込みが、いきなり始まりました。とても小学校1年生、しかも売り子初体験とは思えません。

呆気にとられるハマちゃん。道を隔てた向こうから見守るお母さんが、目を細めて嬉しそうな笑顔です。

アキノリ君の呼び込みにつられて、そのスジに興味のあるお客さんが次々足を止めます。「これはレアもの。今じゃあそうそう手に入らない!・・・」と、商品説明も堂に入ってます。あれやこれやとウンチクを述べるお客さんも多く、更にアキノリ・ワールドが広がって行きました。

「来年は、私もグッズを並べたい」という、頼もしいお客さんも現れ、「きらら庵」ブースも新たな展開の予感です。こうして、今年のお客さんが来年は売り子になり、それぞれの世界を披露できたら、祭りはもっともっと愉快になりますね。
ハマちゃんワールドがきっかけとなった貸しブース「きらら庵」。来年は誰がどんな世界をくり広げてくれるでしょうか? 今から楽しみです。

あの〜ぉ、浴衣の着付けはこちらでお願いできるんですかー?」と、女の子を連れたお母さんがやってきました。去年に引き続き、浴衣の着付け係りも引受けていたので、、
はいこちらです。それじゃあ文化園の建物の中のお部屋で着付けましょう」と、いつも通りに案内しようとすると、
実はこの子なんですけど・・。浴衣の他に何を用意したらいいのかわからなくて・・。諏訪湖の花火大会に着せてやりたいんですけど、着付け方とかイロイロ教えていただきたいんです」というお母さん。

トトロの“メイ”ちゃんにそっくりなんだわ、カワイ〜イ

ともかく持参された浴衣グッズを確認しましょう。ちっちゃな浴衣に、ひも・・あれ? 兵児帯は?
帯が無いと着付けはちょっと無理かなーということで、今回はブースの中で着付けのポイントなど披露しながら実演することになりました。
袖に腕を通して、左前に合わせて・・襟元ただして、ひもを回して・・兵児帯は、胴に2巻きして後ろで蝶結びすればいいだけなので簡単です。着ていても楽なので、
私が今しているのは、大人の女性用の兵児帯なんですよ」と、背中の蝶結びを見せていたら、突然チビちゃんが大声上げて泣き始めました。
それまで「よきにはからえ」という状態だったのに、服の上から浴衣をはおったので、暑くなっちゃったのでしょうか。お母さんがすかさず水風船ヨーヨーであやします。

いやはや、最年少のお客さんでした。諏訪湖の花火大会では、ご機嫌な浴衣姿を披露して下さいね。

さてさて、ブースのレポートはこれくらいにして、今年は仕掛け人さんから仰せつかった大仕事がありました。なーんとなんと、オークションを仕切れというのです。
本番数日前にこのお話を頂いた時、きゃー楽しそう!とすぐに頭に浮かんだのは「衣装、どうしよう〜」でした。タンスの中をひっくり返し、使えそうな服を並べて、あれやこれやとコーディネイト。祭り気分は一気に盛り上がりました。

野点はミユキちゃんと元ちゃんに任せ、15時半からのオークションに向けて、ドキドキしながら1時間前にはステージ衣装に着替え、メイクも直してスタンバイOK。

ステージ゙衣装、タンクトップ゚の星柄わかります?
時間が押していたからでしょうか、オークションのお手伝いだけの予定が、引き続き抽選会の抽選係りも仰せつかり、初体験が続きます。私自身の抽選券を手元に持っていなかったので、もしかしたら大当たりしていたかもしれませんけれど、それは仕方なし。でも賞品をいただくよりももっともーっと楽しませていただいたので、充分満足しました。

ブースに戻って、七輪でお餅を焼いて夕飯をとり、次の出番に備えます。去年、冷や汗ドキドキで初体験したパネルディスカッションに、今年も出演させていただけるのです。今年は、白地に水色の水紋、そして赤いもみじの着物です。ちょっと季節先取りですが、涼しげな雰囲気がこの季節にぴったりではないでしょうか。
これも1時間前に着替えてスタンバイOK。

でも今回は・・・そう、参加者さえもオフレコのようです。 みなさんのホンネがどこまで飛び出したかは、大研修室に集まった人達だけの、ひ・み・つ!

そうそう、パネルディスカッションの前に、ステージで「88星座仮装大会」が始まりました。去年、寸劇で見事優勝した「きらら庵」チームとしては今年も勿論、優勝狙いです。昼間、「地球人ジェニファー」を中心に、出演者6人で練りに練ったストーリーは、カノープスに始まるアルゴ船のオリジナル物語。南天を攻めてみたのですが・・・。

しかし、今年は思いもかけないライバルが現れたのです。
その名は「さくら」。ゆかた姿も艶やかに、美しい女装は誰が見ても一番! 観客審査員の大きな拍手で、さーっと優勝をさらって行きました。

やられたねー。完敗です。来年は絶対リベンジだー! 


昼間の“さくら”、 これはまだ序の口だったの。 夜・・本番直前の“さくら”製作風景


【祭り最終日】
この日は朝8時からオークションが始まる予定になっていました。7時に起きて、ステージ衣装に着替えてメイクを決めて・・・緊張しているせいかあまり食欲が無く「ふわふわ玉子スープ」を流し込みました。頭はまだちょっと寝ぼけた状態ですが、ステージで遊ばせていただけるチャンスなんて滅多にないのだし、ここは笑顔で乗り切るしかありません。
眩しい朝日をめいっぱい浴びながら、オークションが始まりました。
もしかしたら競り落とす商品よりもお得なおまけが箱一杯について・・最終日のオークションって、結構すごいんですね。お渡しする商品を間近に見ていると、オークションの魅力を実感することができました。

引き続いての抽選会。昨日に比べて集まった人数が少なく、当たり番号の該当者が居ないというケースもあって、抽選係りとしてはちょっと忙しかったんですけれど、お客さんにとっては競争率が低いということで、沢山の方がおみやげをゲットしていました。

閉会式の後、大役を終えてホッとしながらブースに戻ると、みゆきちゃんが七輪に火を熾して食パンをトーストしていました。なーんて美味しそうなんでしょう。さっそく私もマネしてトースト。ツナ缶をあけてマヨネーズで和えてトッピング・・・これにはやっぱりドリップしたてのコーヒーがいいな・・・と、星祭りではいつも香り高いコーヒーを分けていただくB&プレーンさんブースへカップを持参します。お陰様で、高原の朝の素敵な朝食になりました。

後のまつり”記念写真

さーぁて、そろそろ撤収を始めましょう。丁度いいタイミングで、運び屋スタッフ・ノブが到着しました。人と荷物を運ぶだけのために、2晩続けて東京−原村間を往復です。O田さんから預かった「銀河茶碗」を大事に大事にパッキング、他の茶道具も箱に詰めてはレガシーに積み込みます。持ち込んだテーブルやらイス、テントもたたんで・・・忘れ物は無いね。

会場の中央ステージも本部の人達の手で片づいたようです。賑やかだったステージが、今は閑散と、祭り後のちょっと気怠いムードが漂い始めました。今がチャンス! スタッフみんなでタコ帽をかぶり、もう1つ余分にタコ帽持ってステージに集合です。原村星まつり実行委員長、又の名を”超仕掛け人さん”を拉致してタコ帽を被せ、「きらら庵恒例”後のまつり”記念写真」撮影会です。本部スタッフの方にデジカメをお願いし、無事に撮影終了しました。


こうして原村星祭り会場を後にして、これまた毎年恒例、「樅の湯」にて3日間の汗を流します。ががが〜ん、首と背中、腕も日に焼けてヒリヒリする。温泉って、日焼けに効く?なんてこたないっか・・。帰ってからが大変だわ、お肌の手入れに時間がかかるの・・最近・・リカバリーが遅くて・・。
ついでにお昼も「樅の湯」食堂で食べて満足満足。帰りの上信越道の渋滞は、この時期、仕方ないモノ。途中、パーキングで「きらら庵恒例 ”明日への挑戦会”」をやったり、仮眠をとったりしながら、浦和の自宅に帰り着いたのは21時過ぎでした。

みなさん、お疲れさまでした。そして楽しい3日間をありがとうございました。

きらら庵恒例 明日への挑戦会  (一部抜粋)  
★今年のキーワード 物流と貸しブース
物流1 開会前、会場でスタンバイしていてくれたO坂さんKAZさん。
レガシーが到着するや否や、ダーっと荷物を”きらら庵”ブースに運び込こむ。
そのパワフルなことと言ったら・・・これですっかり勢いがつきました。
とってもとってもお世話になって、ありがとうございました。
物流2 仕事の都合で祭りには参加できなかったスタッフ、のぶ。
会場までアシの無いミユキちゃん、元チャンを金曜の夜中に運び、とんぼ返り。
さらに日曜の朝、迎えに来てくれました。陰の功労者です。
貸しブース 去年、ハマちゃんワールドにお客さんとして来ていたアキノリ君
今年は自らのフィギュアコレクションを持参して売り子に変身。威勢のいい呼び込みや、
小学校1年生とは思えない販売トークなど、遠くから見守るお母さんが目を細めて・・。

祭りは、やっぱり参加してこそ醍醐味があるもの。みなさんが持っている自分の世界を、
ほんのちょっと持ち寄ることで、新しい世界が広がります。
きらら庵ブースは、「やりたい人がやりたい事をやる」のが基本。
いつでも皆さんの参加をお待ちしています。来年は、誰が何を持って来てくれるかな?
楽しみに待ってまーす。
仮装大会 「美女(?)さくら」に完敗。

寸劇の予行練習ができなかった。来年は寸劇にしない。
女装やめる?それともスーパー女装にする? 来年までの検討課題ね。
その他 ソーラー噴水は集客力あり。
スタッフ不足の今年、野点に絞ったのは正解だったけれど、売り物が無いと
やはりブースとしては見かけが淋しいかな? 賑やかさを考えよう。 

大きな「野点」のぼりを作って立てかける?
売り物ではなく、何かディスプレイする? ○○展示会とか・・来年の課題

トップページ        原村星まつり写真集へ