■「星の里」日記(きらら庵編) 【41】 03/03 前半編   


【きらら庵日記・目次】   【戻る】


■03/03/01-02 弥生3月雛祭り・・まつり・・・★まつり

みんなが遊ぶお城「きらら庵」を建てて6年になります。これまで、「お茶を飲ませて下さい」というご依頼はたーくさんありましたが、「星を見せて下さい」ってご注文は全くと言っていいほど無かったんです。それがここへきて、「一晩中星を見たいです」とか「ぜひ星を見せて下さい」という無謀なオーダーがちらほら入って来るようになった。

そりゃあここは「ちちぶ星の里 天体観測村」。「星が見たい」というのはごもっともなご要望なのです。が・・・
一応観測室はあるけれど・・今はもうオブジェと化した15傳藤検ィ吉深曜庄鷆澄ΑΑΕ咼法璽襯バーのかかったままのステラガイド・・・1人で気ままな星空散歩をするにはいいけれど、お客さん相手に観望会するには何もかもが中途半端、準備不足のきらら庵

何だかんだ理屈をくっつけて断るのは簡単だけれど「見たい時」「魅せ時」なのだわ。お客さんの興味が冷めないうちに何とかこの世界に引きずり込みたいって心意気だけはイッチョ前の天文屋なのだ。晴れれば天の川だって見えるんだし、何とかなるわい!と見切り発車の観望会予定を立てた。

この夜は、ノブが会社の友達を連れてくることになっていた。が・・・
昼間から土砂降りの雨だったんです。しかも夜中まで海山大荒れという天気予報。これではしょーがないよね、という話になり、観望会は延期。さてどうしようかと思ったが、ノブが久しぶりに「星の里」へ行きたいというし、そろそろ星祭りの準備もあるってんで、そのまま出かけることにした。

ハイエースのワイパーをフル回転させながら山を登ると、いつしか雨は小降りに。そして次のカーブが見えないくらいの雲の中に突入。展望駐車場はぬかるんでタイヤが空回りする程だった。休憩室兼茶室で暖を取りながら祭りの企画など打ち合わせ、ちょっと空など見上げると・・おおっ!春の大曲線が天頂から回っている。が・・・
屋根がスッとばされそうなくらいの強風に頭がもがれそうになり、亀さんのように首を引っ込めた。ルーフを開けようものなら観測室の中の星座早見版やらデータ用紙や何やら持って行かれそうなので早々に諦め、寝袋に潜り込んでzzzzZZZZ

翌日は観測所内にあるもの、無いモノ、必要なもの、買い出しリストなどを作り、午前中に山を降りた。星空の音楽会まであと2ヶ月。祭りモードのスイッチ ON!


●●● ”星空の音楽会 in 星の里 2003” は 5/3(土)夕方 〜 5/5(月・祝)朝 の予定です ●●●

今年も皆様のお越しを心から・・・喉から手が出そうなくらい・・・お待ちしております。
遊びの企画はこれから順次掲載していきます。「こんなことやったら?」とか「これやりたい!」とか、「これ面白そうよ」とか・・・楽しい思いつきがありましたら、どうぞお知らせ下さい。
今年も「みんなが主役の星まつり」でいきたいと思います。

去年の星祭り ←はこんな感じでした。




(火遊び由美)


トップに戻る     【40】に戻る