■Duron 950MHz 自作パソコン2台目製作記part-1
 (2001/09/08)    part-2へ


Newマシンを作るぞ!


このところメインマシンのK624(PC-9821 V200改・K6-2/400MHz・メモリ96MB・UltraATA/33)が不調で、デフラグをかけても頻繁にMemTurboが働くわ、フリーズするわでそろそろNewマシンを組みたいと考えていました。パソコン市場ではメモリがグッと安くなり、PC133 256MB CL=2が1枚4000円前後(2001/8月中旬現在)と信じられない価格まで下がってきたので、これは作るしかないでしょ! という結論になりました。
と言っても予算はあまりないので、使えるパーツは例のごとく古いパソコンから転用することになりそうです。

雑誌を見ながらPCパーツをあれこれ選ぶのは楽しいものです。どの程度の性能のパソコンを作るか?
アプリケーションをいくつも開き、ストレスなく感じる速さが欲しい。体感的にはCPU速度、メモリ搭載量とも現状メインマシンの倍以上を確保したい。
次に、速さだけでなく何をやりたいか?
実家から重さ30kgに改造したレコードプレーヤーを運んできたので、以前から考えていた150枚のLPを全部CDに焼きたい!
という訳で、サウンドボードにLINE端子のあるものを入れる予定です。これが当面の目標でしょうか。

こうして選んだマザーボードは、定番のASUSTekのCUSL2、CPUはPentium靴800MHz〜1GBあたりをと考えていたのですが、
実際、店に足を運んでみると、どこもCPUが売り切れ! で朝令暮改の計画大変更。だって入荷まで待てないヨー!

CPUはPentium靴鉾罎戮動造Duronを、マザーボードは近い将来の遊び心を持たせてRAID機能がついた機種にし、3枚ほど選んだ中から日本語マニュアルが同梱されているか、若しくはサイトからダウンロードできる機種にします。やっぱり日本語マニュアルが無いと不便ですよね。それで決まったのがABITのKT7A-RAIDというマザーボード。
友人知人に聞くとRAIDなら0(ストライピング)や1(ミラーリング)より、3や5の方が使い勝手が実用的なんだそうです。勉強不足で私には判りませんし、3や5の説明ってなかなか雑誌に載っていませんよね。

デュアルCPUを薦める人もいましたが、OSがWindowsNTやWindows2000でないとサポートしていないし、AMD系のマザーは高価でしかもまだ数枚しかありません。
Duronを選んだ理由は、予算に余裕が出てきたら同じソケットのAthlonに交換できるからです。CeleronからPentium靴任呂海Δ呂いません。安定性には若干の不安があるのですが・・・・。本当はマザーボードもSDRAMではなく、DDR SDRAM搭載の方が良いのですが、マザーボードもメモリも予算の上乗せが必要になってしまうのであきらめました。

メモリは当初から512MBと決めていました。最初に積んだメモリに、後日増設した場合同じメモリなら問題ないでしょうが、メーカーが異なるものを積んで認識しなかったら困ると思ったからです。256MBでは余裕が無さそうだし、かと言って 512MBを超える とWindows98ではエラーが出ることもあるらしい。


買い出し〜組立!

秋葉原のツクモDOS/V館でDuron950MHz(リテールパッケージ)、KT7A−RAIDとSDRAM 256MB(PC133/CL=2)メモリを2枚を調達しました。バルクのDuronにしなかったのは、別途購入するCPUクーラーの性能が、CPUの発熱を抑えることができるかどうか不安があったからです。リテールパッケージなら、AMDでテストしてマッチングを取っているのでその点は安心できます。

ケースは、CPUの速度からして手元にある2980円の電源(公称235W)付きケースでは心もとないのと、ファイルベイも1つでも多いタイプが欲しかったので奮発して8000円のAthlon/Pentium4対応の300W電源付きを求めました。重いので手近な大宮ソフマップで入手。

帰宅後、初期不良が無いか早速調べてみます。まず、CPUとマザーボード、メモリの動作チェックを必要最小限のパーツだけで組みます。身体の静電気を逃がしたあと、マザーボードにMicronの256MB(PC133 CL=2)のSDRAMを2枚差したあと、Duron950MHzをその向きに注意してソケットAに落とし込みます。

リテールパッケージ同梱品 CPUクーラー底面に熱伝導シールが貼ってある
リテールパッケージ同梱品 CPUクーラー底面に熱伝導シールが貼ってある

次にCPUクーラー(アルミフィン+ファン)をCPUに取り付けます。緊張の一瞬です。それは、AthronやDuronは、Pentium靴鉾罎戮董肇瀬ぁ鰭分が小さく、また周辺が面取りされていないので、CPUに対してクーラー底面を少しでも傾けて力を加えると、CPUの縁が欠けやすくCPUそのものが壊れてしまう“コア欠け”が起こってしまい、こうなったCPUは使い物にならず、ただのゴミとなってしまうからです。CPU周辺には保護用に丸いスポンジが4ヶ所貼ってありますが柔らかいので組立時は要注意です。

それに、CPUとクーラーの間には熱伝導を良くするためのグリースを薄く均等に塗らなければならず、初心者ならずとも緊張します。最近は“コア欠け防止”グッズなるもので、CPUとクーラーの間に挟む銅製の散熱板も市販されていて、私もつい買ってしまいました。
でも、Duronのリテールパッケージを開けて安心しました。というのは、クーラーの底面にCPUより1まわり大きな、一定の温度以上になると融けて密着する熱伝導シールが貼られていたのです。このシール、密着前はクッション効果もあり、CPUが欠ける恐れもなさそう。
という訳で、無事CPU+CPUクーラーは取り付け完了しました。

これにケース本体からの電源ケーブルをマザーボードにつなぎ、手持ちのビデオボード(Graphics Blaster RIVA TNT 16MB/PCI)を取り付けます。更にクーラーファンのケーブルをマザーボードに、PowerSW、ResetSW、HDDLED、Speakerなどのケーブルもケースからマザーボードにつなぎます。この動作チェックではまだHDDを接続しません。

もう1度つなぎ忘れが無いことを確認してパソコンの電源を入れるとBIOS画面が立ち上がりました。この時にCPUのクーラーファンが回転していなければ、即電源OFFですね、でないとCPUが焼けて逝ってしまう。
電源投入直後に、クーラーのアルミフィンに触れてみると熱かったんですが、数分して再び触れてみると熱伝導シールが融着したようで熱さは感じませんでした。
それからネットで調べてみても1つだけハッキリしないことがありました。それは、CPUのデフォルト状態の電圧です。“自動認識”だったんですね。
因みにDuron950MHzのコア電圧(Vcore)は1.6V、I/O電圧(VIO)は3.4Vでした、あー良かった。

マザーボードにCPUとメモリを差した状態
マザーボードにCPUとメモリを差した状態

初めて電源を入れた時のモニター画面(HDDは接続していない)
初めて電源を入れた時のモニター画面(HDDは接続していない)

      part-2へ

(yasuyuki)